SecurityInsight | セキュリティインサイト

富士通、仮想環境上の生体認証に対応した「SMARTACCESS/Virtual」を販売開始

富士通は4月10日、「FUJITSU Security Solution SMARTACCESS」シリーズに、仮想環境上で生体認証によるWindows OSや社内システムのログオンを可能にする「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」を新たに追加し、同日より国内で法人向けに販売を開始すると発表した。これにより、シンクライアント端末などでの仮想環境の利用時においても、セキュアかつスピーディな利便性の高い認証セキュリティを実現するとしている。

続きを読むには、購読手続きが必要です。