日本IBM、データ漏洩が今日の企業に及ぼす影響を分析したグローバル調査結果を発表

日本IBMは6月22日、米IBMセキュリティーが6月20日に公表した、データ漏洩が今日の企業に及ぼす影響を分析したグローバル調査結果の日本語抄訳を発表した。

先端技術研究所、Pearl Echoの新機能「HTTPSafety.Check」を発表

先端技術研究所は6月22日、米Pearl Software社の「Pearl Echo」の新機能「HTTPSafety.Check」を発表した。

アーバーネットワークス、自動化を進化させたMSSPと法人顧客向けのDDoS攻撃対策ソリューションを発表

アーバーネットワークスは6月22日、オンプレミス、常時稼働、インラインのDDoS検知・ミティゲーションのための法人顧客向けプラットフォーム「Arbor Networks APSTM」の新バージョンを発表した。

グレスアベイル、SBクラウドのクラウドサービスに最適化したセキュリティサービスを提供開始

グレスアベイルは6月22日、SBクラウドが提供するクラウドサービス「Alibaba Cloud」に最適化したセキュリティサービスを提供開始することを発表した。

トッパンフォームズ、高セキュリティのクラウドサービス「ドックバリュー」を提供開始

トッパンフォームズは6月22日、企業の各部門や業務システムの単位で個別に作成されてきた膨大な企業内文書を高セキュリティ環境下で一括保存・管理ができる電子保存クラウドサービス「DocValue/ドックバリュー」を販売することを発表した。

ALSI、モバイルワーク時のセキュリティ対策に最適なクラウド型Webフィルタリングサービスを販売開始

アルプス システム インテグレーションは6月21日、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」をバージョンアップし、販売開始することを発表した。

IPA、平成29年度春期情報処理安全確保支援士試験および情報処理技術者試験の合格者を発表

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は6月21日、同機構の情報処理技術者試験センターが4月16日に実施した、平成29年度春期情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験、情報処理技術者試験の応用情報技術者試験、高度試験の合格者を発表した。

日本IBM、サイバーセキュリティ対策の「IBM X-Force IRIS」を日本でサービス開始

日本IBMは6月21日、事故が発生してからの対応のみではなく、事前の対応を含めたサイバーセキュリティ対策を支援するサービス「IBM X-Force IRIS(Incident Response and Intelligence Services)」を開始することを発表した。

FFRI、自動解析システム「FFRI yaraianalyzer」が豊島区役所に採用される

FFRIは6月20日、同社のマルウェア自動解析システム「FFRI yaraianalyzer」が豊島区役所に採用されたことを発表した。

ITR、標的型攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表

アイ・ティ・アールは6月20日、国内の標的型攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表した。

ファイア・アイ、クラウドおよび仮想アプライアンスに対応したエンドポイント・セキュリティ製品を発表

ファイア・アイは6月20日、同社のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションに、新たにクラウドおよび仮想アプライアンスによる提供形態を発表した。

ガートナー、4つのベクトルがセキュリティ・ソフトウェア市場を変革しているとの見解を発表

ガートナー ジャパンは6月20日、米ガートナーが5月30日に発表したセキュリティ・ソフトウェア市場における4つの重要な状況の進展が市場に劇的な変革を引き起こしているという見解を、日本で発表した。

セフューチャーアーキテクト、キュリティ脅威のリアルタイム分析サービスの提供を開始

フューチャーアーキテクトは6月19日、高いセキュリティレベルを求められる金融機関での実績をベースとしたセキュリティ脅威のリアルタイム分析サービス「Future SIEM」の提供を開始したことを発表した。

パロアルトネットワークス、同社の次世代セキュリティプラットフォームを国立情報学研究所が学術情報ネットワークのセキュリティ監視基盤として導入

パロアルトネットワークスは6月16日、国立情報学研究所の構築する学術情報ネットワーク「SINET5」のセキュリティ監視基盤に、同社の次世代ファイアウォール「PA-7080」とクラウド脅威分析「WildFire」で構成される次世代セキュリティプラットフォームが導入されたことを発表した。

フィッシング対策協議会、「フィッシングレポート 2017~普及が進むユーザ認証の新しい潮流~」公開

フィッシング対策協議会は6月16日、フィッシングの被害状況、フィッシングの攻撃技術・手法などをまとめた「フィッシングレポート 2017~普及が進むユーザ認証の新しい潮流~」を公開したことを発表した。

ソースネクスト、SNSとアプリの連携を管理、個人情報漏洩リスクを減らすアプリをGoogle Playで販売開始

ソースネクストは6月15日、スマホからの個人情報漏洩防止に役立つAndroidアプリ「プライバシーセキュリティ」をGoogle Playで販売することを発表した。

ITR、初となるサイバー・セキュリティ・サービスに関する調査レポート3冊を順次発行・販売

アイ・ティ・アールは6月15日、サイバー・セキュリティ・サービス市場(全28分野)を対象に国内42ベンダーへの調査をベースとしたこれらの市場動向と分析をまとめた初の市場調査レポート3冊を順次発刊することを発表した。

JPCERT、Adobe Flash Playerの脆弱性に関して注意喚起

JPCERTは6月14日、Adobe Flash Playerの脆弱性に関する注意喚起を行なった。

NTTアドバンステクノロジ、標的型攻撃やランサムウェア対策のシステム運用を代行するサービスを開始

NTTアドバンステクノロジ(以下NTT-AT)は6月15日、企業や組織における標的型攻撃対策やランサムウェア対策の一環として、月額利用型サービス「マネージド標的型攻撃対策サービス」の提供を開始することを発表した。

ラック、ネットを経由したウイルスの侵入余地の有無を確認する無料自己診断サービス「自診くん」を公開

ラックは6月14日、自社で利用しているネットワークが、ウイルスの感染活動を検知した際に遮断するなどの対策が施されているかを即時判定することのできる無料の自己診断サービス「自診(じしん)くん」を公開したことを発表した。

JNSA、2016年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書を発表

日本ネットワーク・セキュリティ協会(JNSA)は6月14日、「2016年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書(個人情報漏えい編)」を発表した。

セキュアブレイン、サイバースパイ攻撃に対する有効な対策を支援するサービスの販売を開始

セキュアブレインは6月14日、日本の政府や企業向けに特化したサイバースパイ攻撃に対して、より有効な対策を講じるための情報を提供する「サイバースパイ対策情報サービス」の販売を開始することを発表した。

JVN、「QuickTime for Windows」のインストーラーにおける任意のDLL読み込みの脆弱性について注意喚起

脆弱性対策情報ポータルサイトのJVNは6月13日、「QuickTime for Windows」のインストーラーには、DLL読み込みに関する脆弱性が存在するとして、注意喚起を行なった。

パイプドビッツとのれん、情報資産プラットフォームとコンテンツ管理システムで連携

パイプドビッツとアシストグループののれんは6月13日、情報資産プラットフォーム「スパイラル」と商用・パッケージ型ソフトウェアCMS(コンテンツ管理システム)「NOREN Content Server」が、連携ソリューションの提供を開始したことを発表した。

キヤノンMJと損保ジャパン日本興亜、「サイバー保険」付きネットワークセキュリティサービスを提供開始

キヤノンマーケティングジャパンと損保ジャパン日本興亜は6月13日、キヤノンMJの中小オフィス向けIT支援サービス「HOME」のサービスとして、損保ジャパン日本興亜の「サイバー保険」を自動付帯したネットワークセキュリティサービス「HOME type-U2サイバー保険付き5年パック」の提供を7月3日から開始することを発表した。

KPMGコンサルティングとラック、サイバーセキュリティ経営を実践するためのポイントをまとめたホワイトペーパーを発行

KPMGコンサルティングとラックは6月13日、経営目線での実践的なセキュリティ対策のポイントをまとめたホワイトペーパー「サイバーセキュリティ経営実践ガイダンス」を発行し、ホームページで公開したことを発表した。

チエルとインソース、企業向け情報セキュリティ対策分野で協業強化

チエルは6月13日、業務提携関係にあるインソースと企業向け情報セキュリティ対策分野における協業を強化することを発表した。

ティーピーリンク、無線LANルーターと中継器の垣根を越えた「オールカバーホームWi-Fiシステム」を発売

ティーピーリンクジャパンは6月12日、家全体に安定したWi-Fiを届ける「オールカバーホームWi-Fiシステム」と最新のセキュリティ機能「TP-Link HomeCare」を搭載した新製品「Deco M5」を6月22日より販売開始することを発表した。

トレンドマイクロ、「Trend Micro Deep Security」が「Google Cloud Platform」に対応

トレンドマイクロは6月12日、総合サーバーセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」が、グーグルの提供するクラウドサービス「Google Cloud Platform」に対応することを発表した。

カスペルスキー、日本で検知が急増中のランサムウェアについてブログで発表

カスペルスキーは6月9日、同社のブログにおいて、日本時間の6月7日23時頃から8日深夜にかけ、ランサムウェア「Jaff」の亜種と見られるマルウェアが添付されたスパムメールが世界中で拡散したようだと発表した。