サイバーリーズン、モバイルデバイス向けエンドポイントセキュリティ「Cybereason Mobile」を提供開始

サイバーリーズン・ジャパンは5月15日、モバイルデバイス(iOSおよびAndroid対応)向けのエンドポイントセキュリティ製品「Cybereason Mobile」を提供開始することを発表した。

サイバーセキュリティクラウド、2020年GWのサイバー攻撃検知レポートを発表

サイバーセキュリティクラウドは5月15日、2020年のゴールデンウィークを含む5月上旬を対象としたサイバー攻撃の検知状況を発表した。

総務省ら、脆弱なIoT機器およびマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況(2019年度)を公表

総務省、情報通信研究機構(NICT)およびICT-ISACは5月15日、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)と連携し、脆弱なID・パスワード設定等のためサイバー攻撃に悪用される恐れのあるIoT機器の調査および当該機器の利用者への注意喚起を行なう取り組み「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」と、NICTのNICTERプロジェクトによりマルウェアに感染していることが検知された機器の利用者への注意喚起を行なう取り組みの、2019年度の実施状況を公表した。

マクニカネットワークス、2019年度日本国内企業のウェブサイトを狙う最新の攻撃手法の動向を公開

マクニカネットワークスは5月14日、日本国内のウェブサイトを狙った攻撃を解析し、攻撃手法や動向、対策方法をレポートとして公開した。

ラック、クラウド活用のサイバー事故を防ぐ、総合的セキュリティ設定診断サービスを提供開始

ラックは5月14日、クラウド環境へ移行が進む企業システムにおいて、見逃しが発生しやすいセキュリティ設定を総合的に診断し、情報漏洩やシステムの不正利用を防ぐ三つの新サービス「セキュリティ設定診断」を発表した。

アクロクエストテクノロジー、「リモートワークセキュリティ対策AIソリューション」を提供開始

アクロクエストテクノロジーは5月14日、リモートワークやテレワークの導入による情報流出/不正利用リスクへのセキュリティ対策として「リモートワークセキュリティ対策AIソリューション」を提供開始したことを発表した。

ウェブルート、「ウェブルート脅威レポート2020」を発表

ウェブルートは5月12日、「ウェブルート脅威レポート2020」を発表した。

日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会が活動開始

日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会またはNCA)は5月12日、日本におけるコンピューターセキュリティインシデント対応(CSIRT活動)を基にしたサイバーセキュリティ対策の普及促進に貢献するため、4月1日から活動を開始したことを発表した。

情報通信研究機構、実践的サイバー防御演習「CYDER」の教材を期間限定で一般公開

情報通信研究機構(NIC)ナショナルサイバートレーニングセンターは5月12日、同センターが推進する実践的サイバー防御演習「CYDER」の周知啓発の取り組みの一環として、期間限定で過去の演習教材の一部の一般公開を開始することを発表した。

ジュピターテクノロジー、不正Webサイトを接続自動遮断する透過型セキュリティアプライアンスを発売

ジュピターテクノロジーは5月12日、透過型セキュリティアプライアンス「BlueVault io nEdge」を販売開始することを発表した。

IDC Japan、「2020年国内企業の情報セキュリティ実態調査」の結果を発表

IDC Japanは5月7日、今年1月に実施した国内企業878社の情報セキュリティ対策の実態調査結果を発表した。

トレンドマイクロ、沖縄県立総合教育センターと「教員向けセキュリティ事故体験ゲーム」を共同開発

トレンドマイクロは4月27日、沖縄県立総合教育センターと教員のセキュリティ意識の向上を目指し、「教員向けセキュリティ事故体験ゲーム」を共同で開発したことを発表した。

警察庁、複数のIoT機器等の脆弱性を悪用したアクセスの観測等について報告

警察庁の@policeは4月28日、複数のIoT機器等の脆弱性を悪用したアクセスの観測およびMicrosoft SMBv3の脆弱性に関するアクセスの観測について報告した。

セキュアワークス、テレワークの需要急増に対応し、ソリューションテレワークリスクアセスメントの提供を開始

セキュアワークスは4月27日、新型コロナウイルスによるテレワークの急増にともない、「テレワークリスクアセスメント」を提供開始することを発表した。

ガートナー、テレワークのセキュリティの解決策を発表

ガートナー ジャパンは4月24日、企業がテレワークのセキュリティを検討する際に、最低限認識すべき9つの基本事項および解決策を発表した。

カスペルスキー、2019年の金融関連の脅威に関する調査結果を公開

カスペルスキーの調査チームは4月23日、2019年の金融関連の脅威に関する調査結果を公開した。

BlackBerry Cylance、2020年版 脅威レポートの日本語版を公開

BlackBerryは4月23日、「BlackBerry Cylance 2020年 脅威レポート(BlackBerry Cylance 2020 Threat Report)」の日本語版を公開した。

サイバートラスト、「リモートワーク環境緊急セキュリティ診断サービス」を提供開始

サイバートラストは4月22日、アスピレイション社が4月に提供開始したリモートワークを推進する企業向け「リモートワーク環境緊急セキュリティ診断サービス」を提供開始することを発表した。

パロアルトネットワークス、セキュリティオペレーションとSOAR活用の現状に関する調査結果を発表

パロアルトネットワークスは4月21日、複雑になるIT環境と深刻化するサイバーリスクを背景に重要性が高まっているセキュリティオペレーションとSOARの国内での現状をまとめた「セキュリティオペレーションジャパンサーベイ 2020」の結果を発表した。

マカフィー、ビデオ会議を安全に行なうための注意点と4つのポイントを公開

マカフィーは4月21日、公式ブログにおいて、ビデオ会議を安全に行なうための注意点と4つのポイントを公開した。

ブロードバンドセキュリティ、「テレワーク支援セキュリティ診断キャンペーン」を開始

ブロードバンドセキュリティは4月21日、「テレワーク支援セキュリティ診断キャンペーン」を実施することを発表した。

キヤノンMJ、セキュリティインシデントの的確な検知と被害抑制を支援するEDR運用監視サービスを提供開始

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は4月21日、ブロードバンドセキュリティとの協業により、EDR製品「ESET Enterprise Inspector」(EEI)を活用した「EDR運用監視サービス」を5月8日に提供開始することを発表した。

IPA、テレワークを行なう際のセキュリティ上の注意事項を公開

IPA(情報処理推進機構)は4月21日、テレワークを行なう際のセキュリティ上の注意事項を公開した。

ブロードバンドセキュリティ、「テレワークにおける情報セキュリティ上の考慮事項」を公開

ブロードバンドセキュリティは4月20日、注意喚起を促すことを目的として「テレワークにおける情報セキュリティ上の考慮事項」を公開した。

A10ネットワークス、従来モデルより性能を向上させたDDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder TPS」の仮想アプライアンス「A10 vThunder TPS」を6月までに提供開始

10ネットワークスは4月20日、仮想DDoS防御基盤を構築できる、従来モデルより性能を向上させたDDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder TPS」の仮想アプライアンス「A10 vThunder TPS」を、6月までに提供開始することを発表した。

Box Japan、Box Shieldの新機能「マルウェアの自動検知と制御」を提供開始

Box Japanは4月17日、Box上に保存したコンテンツを従業員による過失やサイバー攻撃などの情報漏洩から保護するセキュリティソリューション「Box Shield」に、マルウェアの自動検知および制御をサポートする新機能を実装することを発表した。

東陽テクニカ、北海道総合通信網とSpirent Communications Japanの3社による「サイバー攻撃プロアクティブディフェンスに関する実証実験」の結果を報告

東陽テクニカは4月15日、北海道総合通信網とSpirent Communications Japanとの3社共同で実施した「サイバー攻撃に対するプロアクティブディフェンスに関する実証実験」の結果を報告した。

GSX、集合研修のライブ配信・特別価格提供とeラーニングの無償提供を開始

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は4月14日、緊急事態宣言ならびに政府からの強い外出自粛要請が出される中、この期間に限定して、同社が提供するサイバーセキュリティ教育サービスの特別提供を行なうことを発表した。

GRCS、ゲーム感覚で学ぶクラウド型セキュリティ教育コンテンツを教育機関向けに無料提供

GRCSは4月15日、ゲーム感覚でセキュリティを学ぶクラウド型教育サービス「シンプラZ」の標的型・フィッシング詐欺対策コンテンツを教育機関向けに無料で提供することを発表した。

デルテクノロジーズ、機械学習により脅威の検知性能がさらに向上した全方位型SIEMを発表

デルテクノロジーズは4月14日、サイバー攻撃対策製品「RSA NetWitness Platform 11.4」を発表した。