アライドテレシス、パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ TrapsとSecure Enterprise SDNで連携

アライドテレシスは9月19日、パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」とSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」とを連携し、さらなるセキュリティ強化ソリューションの提供を開始することを発表した。

IIJ、外部脅威を防御し、内部からの情報漏洩を抑止・可視化するクラウド型サービス「IIJセキュアエンドポイントサービス」を提供開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月19日、企業ネットワーク内のパソコン、サーバといったエンドポイントにおけるセキュリティ対策強化として、「アンチウイルス」「IT資産管理」の機能をクラウド型で提供する「IIJセキュアエンドポイントサービス」を10月1日より開始することを発表した。

カスペルスキー、サイバー犯罪組織が、盗んだ正規のデジタル証明書でマルウェアに署名し、攻撃に利用していることを確認

カスペルスキーは9月18日、Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)が、サイバー犯罪組織「LuckyMouse」(別名APT27)が関与しているとみられる、未知のトロイの木馬を利用した複数の感染を確認したと発表した。

IIJ、島根県警察サイバー捜査官の育成を支援

インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月18日、サイバーセキュリティ分野における警察の対処能力の向上を目的として、10月1日付で島根県警察本部生活安全部生活環境課のサイバー捜査官をIIJセキュリティオペレーションセンター(SOC)に受け入れることになったと発表した。

トレンドマイクロ、同社の多層防御を実現するソリューション群を新宿区が採用

トレンドマイクロは9月18日、同社の多層防御を実現するソリューション群を新宿区が採用し、脅威への迅速な意思決定と対処を包括的に実現したと発表した。

アイテック阪急阪神、クラウド版標的型攻撃対策サービス「Cloud Shield-i」を提供開始

アイテック阪急阪神は9月18日、新しいアプローチによるクラウド版標的型攻撃対策サービス「Cloud Shield-i」の提供を開始することを発表した。

ウォッチガード、「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2018年第2四半期)を発表

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは9月14日、中堅/中小企業(SMB)や分散拠点を持つ大企業を標的とした最新のセキュリティ脅威の調査を目的とした、四半期毎に発行している「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2018年第2四半期)を発表した。

バルク、Safer Connected World社とリセラー契約を締結し、「AppGuard」の取り扱いを開始

バルクは9月12日、Safer Connected World社(以下、SCW社)とリセラー契約を締結し、同社の販売するエンドポイントセキュリティ製品「AppGuard」の取り扱いを開始することを発表した。

NEC、ASEAN加盟国向けのサイバーセキュリティ人材を育成するセンターのシステムをタイに構築

NECは9月14日、タイの現地法人NECタイを通じて、タイ・電子取引開発機構(ETDA)から、ASEAN加盟国向けのサイバーセキュリティ人材を育成する「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」のシステム構築および演習業務を受託したことを発表した。

デジタルアーツ、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の2ラインアップを1ライセンス価格で提供

デジタルアーツは9月13日、業務効率化と同時にマルウェアなどの標的型攻撃から端末を守る、企業・教育機関・官公庁向けエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」において、10月中旬にリリース予定の新バージョン(Ver.4.91R01)からライセンス体系を変更し、1ライセンス分の料金でラインアップの併用が可能となることを発表した。

リコーとソフォス、小規模事業所のセキュリティ対策をまるごと支援するマネージドサービスを発売

リコージャパンとソフォスは9月12日、AIを活用した高度なマルウェア検知・駆除とオンサイト対応による導入設置や業務再開支援をワンストップで提供する小規模事業所向けのマネージドセキュリティサービス「RICOH サイバーセキュリティパック」を9月21日に発売することを発表した。

IIJ、セキュリティ監視・運用サービス「IIJ C-SOCサービス ベーシック」を提供開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月11日、IIJが提供する各種セキュリティサービスから収集したログを監視・分析し、検知したセキュリティインシデントの対応や対応策の提示を行なう「IIJ C-SOCサービス ベーシック」を10月1日から提供することを発表した。

バルクホールディングスとサイバートラスト、サイバーセキュリティ人材の創出に関する協業を開始

バルクホールディングスとサイバートラストは9月10日、高度なサイバーセキュリティスキルを持つ人材育成を実現するトレーニングサービス提供のための協業を開始したことを発表した。

IPA、「情報処理安全確保支援士」の申請者は8,215名と発表

IPA(情報処理推進機構)は9月6日、国家資格“登録セキスペ”への登録が可能な経過措置対象者に対する申請受付を8月19日に締め切り、これにより2018年2月1日以降の登録申請者が8,215名となったことを発表した。

トレンドマイクロ、進化したAI技術で防御力が向上した「ウイルスバスター」シリーズ最新版を発売

トレンドマイクロは9月6日、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版を、発売することを発表した。

チェック・ポイント、ファクス機を乗っ取り、ネットワーク侵入やマルウェア感染を可能にする「ファクスプロイト」攻撃手法を発見

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは9月6日、世界中の数千万台のファクス機で採用されている通信プロトコルの脆弱性を悪用し、ネットワークをハッキングできることを発見したと発表した。

ALSI、ファイル自動暗号化ソフトの新製品「InterSafe FileProtection」を販売開始

アルプス システム インテグレーション(ALSI)は9月6日、ファイル自動暗号化ソフトの新製品「InterSafe FileProtection」を9月25日に発売することを発表した。

IIJ、マクロが含まれた添付ファイルを検知する「マクロ除去フィルタ」を提供開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月6日、クラウド型の統合メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス」の機能を拡充し、メールに添付されたマクロを含むファイルを検知し、ユーザーの設定によりマクロの除去や添付ファイル自体の削除を行なうことでマルウェアの感染リスクに対処する「マクロ除去フィルタ」を9月8日から提供開始することを発表した。

トレンドマイクロとMoxa、産業用IoT向けアプリケーションのセキュリティで提携

トレンドマイクロは9月5日、Moxaとスマート工場やスマートエネルギーといった産業用IoTを保護する最先端のソリューションを共同開発することを目的に、Technology Alliance Partner Programにおいて新たに提携することを発表した。

サイバーセキュリティクラウド、リンクが運営する「ベアメタルクラウド」にクラウド型WAF「攻撃遮断くん」を搭載したWAFオプションサービスを提供開始

サイバーセキュリティクラウドは9月5日、リンクが運営する物理サーバーがクラウドのように使える「リンク ベアメタルクラウド」において、10月1日から、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」サーバーセキュリティタイプを利用したWAF導入オプション「攻撃遮断くんマネージドサービス」の提供を開始することを発表した。

CompTIA、学校機関に対するプロフェッショナルなセキュリティ人材育成の支援を強化

CompTIA日本支局は9月4日、セキュリティ分野の人材不足を解決するため、CompTIAが提供する「CompTIAスカラーシップ・プログラム」を活用し、今年9月から、アクセンチュア、シマンテック、日本マイクロソフト、Planetway Corporationと連携し、学生に対するセキュリティ人材育成の支援を強化することを発表した。

NTTセキュリティ、シマンテック社製クラウド型セキュリティサービスを組み込んだ高度分析サービスを提供開始

NTTセキュリティは9月4日、米シマンテック社のクラウド型ウェブセキュリティサービスとNTTセキュリティの高度分析サービスを一体的に提供するサービスの準備を完了したことを発表した。

サイバーソリューションズ、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」の無害化オプションを提供

サイバーソリューションズは9月4日、法人向けクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」の無害化オプションを販売開始することを発表した。

デジタルアーツ、企業・官公庁向けメールセキュリティソフト「m-FILTER」にホワイトリストデータベースを構築

デジタルアーツは9月4日、企業・官公庁向けメールセキュリティソフト「m-FILTER」において、送信元偽装メールの判定ができるホワイトリストデータベースを構築したことを発表した。

トレンドマイクロ、日本と海外の脅威動向を分析した「2018年上半期セキュリティラウンドアップ」を公開

トレンドマイクロは9月3日、日本国内および海外における最新のセキュリティ動向を分析した報告書「2018年上半期セキュリティラウンドアップ:クラウド時代の認証情報を狙いフィッシング詐欺が急増」を公開した。

IIJ、「2018年7月観測レポート」を発表。拡張子「.iqy」のファイルが添付されたメールを多く検出

インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月31日、ネット上の脅威についての「2018年7月観測レポート」を発表した。

パロアルトネットワークス、クラウドインフラサービスプロテクション「Evident」を提供開始

パロアルトネットワークスは9月3日、パブリッククラウドにおける包括的セキュリティとコンプライアンスの確保を実現するクラウドインフラサービスプロテクション「Evident」を、日本市場で提供開始することを発表した。

アシスト、簡単かつ強固に特権IDを守る「特権アクセス管理ソリューション」を提供開始

アシストは8月31日、より広範囲で多様化する管理対象への強固なセキュリティ対策を実現する「特権アクセス管理ソリューション」を提供開始することを発表した。

NRIセキュア、IoT製品に関する情報セキュリティ管理態勢の強化を支援する「PSIRT支援サービス」を提供開始

NRIセキュアテクノロジーズは8月30日、IoT機器メーカーをはじめとする製造業向けに、自社製品に関連する情報セキュリティ事故(インシデント)の未然防止と、インシデント発生時の対応を目的とした社内専門チーム「PSIRT」の構築および運営の高度化を支援する「PSIRT支援サービス」を提供開始することを発表した。

GRCS、クラウド型WAFのマネージド・セキュリティ・サービス取り扱いを開始

GRCSは8月30日、ソフトバンク・テクノロジーと協業し、クラウド型ウェブアプリケーションファイアーウォールの「Imperva Incapsula」およびSBTによる「マネージド・セキュリティ・サービスfor Imperva Incapsula」の取り扱いを開始することを発表した。