MS&ADインターリスク総研、サイバーインテリジェンス情報提供サービスを開始

MS&ADインターリスク総研は7月19日、米イントサイト・サイバー・インテリジェンス社と協業し、企業へのサイバーインテリジェンス情報の提供に関する新たなサービスの提供を開始することを発表した。

NTT、ソーシャルウェブサービスにおける新たなプライバシー脅威「Silhouette」を発見

NTTは7月18日、ソーシャルウェブサービス(SWS)に対する新たなプライバシー脅威「Silhouette」を発見し、そのリスクを評価する手法を開発したことを発表した。

コンピュータソフトウェア協会、IoT時代に欠かすことのできないソフトウェアにおけるセキュリティの課題解決に向けて「Software ISAC」を発足

コンピュータソフトウェア協会は7月18日、IoT時代に欠かすことのできないソフトウェアにおけるセキュリティの課題解決に向けて、「Software Information Sharing and Analysis Center」を今年8月に発足させ、活動を開始することを発表した。

テリロジー、脆弱性リスク管理の運用支援サービスを新たに提供開始

テリロジーは7月18日、ネットワーク機器の設定ファイルからセキュリティの堅牢性を監査する脆弱性リスク管理の診断サービスに加え、その運用を支援するサービスを提供開始することを発表した。

丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供

丸紅情報システムズは7月18日、IoTデバイス用に採用が広がる軽量ブロック暗号「Speck」に対応した暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始することを発表した。

ガートナー、サイバーセキュリティの専門家を有する企業はわずか65%とのサーベイ結果を発表

ガートナーは7月18日、CIOの95%が今後3年間にサイバー攻撃による脅威が増加すると考えているにもかかわらず、現在社内にサイバーセキュリティの専門家がいると回答したCIOは65%にすぎない、というサーベイの結果を発表した。

IPA、「情報セキュリティ白書2018」を発行

IPA(情報処理推進機構)は7月17日、「情報セキュリティ白書2018」を発行することを発表した。

IBMセキュリティー、企業の純利益における情報漏洩の完全な財務的影響に関するグローバル調査の結果を発表

IBMセキュリティーは7月12日、企業の純利益における情報漏洩の完全な財務的影響に関するグローバル調査の結果を発表した。

JPCERT/CC、「インシデント報告対応レポート」を発表

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月12日、「インシデント報告対応レポート」を発表した。

サイランス、「CylanceHYBRID」と「CylanceON-PREM」を提供開始

サイランスは7月12日、「CylanceHYBRID」と「CylanceON-PREM」を提供開始したことを発表した。

ラック、サイバー攻撃からの防御能力を飛躍的に向上させる脅威情報の提供サービスを開始

ラックは7月12日、現場から独自に集積・分析したサイバー攻撃の脅威情報「JLIST」を提供するサービスを8月1日から開始することを発表した。

日立ソリューションズ・クリエイト、ホワイトハッカーによる「セキュリティ診断サービス」を提供開始

日立ソリューションズ・クリエイトは7月12日、高度なセキュリティやハッキングの知識を有する同社のセキュリティ技術者(ホワイトハッカー)がシステムにおける脆弱性の有無を確認する「セキュリティ診断サービス」を開始することを発表した。

IPA、2017年度下半期のサイバーレスキュー隊(J-CRAT)活動状況を発表

IPA(情報処理推進機構)は7月11日、2017年度下半期のサイバーレスキュー隊(J-CRAT)活動状況を発表した。

マカフィー、McAfee Investigatorの日本国内における運用実務経験者やパートナーとの本格的な実証検証開始について発表

マカフィーは7月11日、McAfee Investigatorの日本国内における運用実務経験者やパートナーとの本格的な実証検証開始について発表した。

カスペルスキー、「Kaspersky Lab APTレポート:2018年第2四半期」を公表

カスペルスキーは7月11日、Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)がAPT攻撃について四半期毎にまとめている「Kaspersky Lab APTレポート」の2018年第2四半期を公表した。

デージーネット、スパムメール対策ソフトウェアに、DMARCなどの送信者認証と連携したスパム対策を追加

デージーネットは7月11日、スパムメール対策ソフトウェア「SpamGuard」に、DMARCなどの送信者認証と連携したスパム対策を追加することを発表した。

バラクーダネットワークス、クラウドベースのWebアプリケーションファイアウォールを発表

バラクーダネットワークスジャパンは7月11日、新しいクラウドベースのWebアプリケーションファイアウォール「Barracuda WAF-as-a-Service」を発表した。

ガートナー、2018年のセキュリティ・プロジェクトのトップ10を発表

ガートナージャパンは7月10日、米ガートナーが6月6日に現地で開催した「ガートナーセキュリティ&リスク・マネジメントサミット2018」で発表した2018年のセキュリティ・プロジェクトのトップ10の和訳を公表した。

エレコム、セキュリティソフト「IKARUS」の1年版ライセンスが付いたSDメモリーカードとmicroSDメモリーカードを発売

エレコムは7月10日、さまざまな脅威から個人情報を守るセキュリティソフト「IKARUS」の1年版ライセンスが付いたSDメモリーカード(Windows版)と、microSDメモリーカード(Android版)を7月下旬より順次発売することを発表した。

ソフォス、個人向けセキュリティソフト「Sophos Home」日本語版を無償で提供開始

ソフォスは7月10日、個人向けセキュリティソフト「Sophos Home」の日本語版を無償で提供することを発表した。

NTTファシリティーズ、IoT時代のビルシステム向けサイバーセキュリティソリューションを販売開始

NTTファシリティーズとNTTセキュリティは7月9日、NTTセキュリティが新たに提供するビルシステム向けサイバーセキュリティソリューションを、NTTファシリティーズのビルシステム向けセキュリティ分野での安心・安全ソリューションに追加し、販売を開始することを発表した。

PwCサイバーサービス、社内に潜伏するマルウェアを検出する「スレットハンティングサービス」を提供開始

PwCサイバーサービスは7月9日、社内のネットワークに潜伏しているマルウェアを検出する「スレットハンティングサービス」の提供開始を発表した。

ティエスエスリンク、重要ファイルの持ち出しを防ぐ情報漏洩対策ソフト「コプリガード Ver.5.0」を発売

ティエスエスリンクは7月9日、ファイルサーバーやパソコンからファイルの持ち出しを禁止し、印刷・コピー・画面キャプチャーも禁止できるセキュリティソフト「コプリガード Ver.5.0」を発売することを発表した。

アビームコンサルティング、企業のサイバーセキュリティ対策を支援する統合ソリューション「ABeam Security」を提供開始

アビームコンサルティングは7月6日、企業におけるサイバーセキュリティ対策の支援をさらに強化するため、「ABeam Security」のソリューションを提供することを発表した。

トレンドマイクロとNTTドコモ、5G時代の新たなソリューション提供に向けて連携

トレンドマイクロは7月5日、5G時代の新たなソリューション提供に向けて、NTTドコモと連携し、ドコモが提供する「ドコモ5Gオープンクラウド」でのNFV/クラウド向けネットワークセキュリティソリューション「Trend Micro Virtual Network Function Suite」の技術検証を7月より開始することを発表した。

ソフトクリエイト、AI×クラウドで未知のサイバー攻撃へ対抗する「プロテクトキャット Powered by Cylance」を提供開始

ソフトクリエイトは7月5日、ネットワーク統合管理・セキュリティ対策ツールのクラウドサービス「LanScope Cat SaaS on SCCloud」に「プロテクトキャット Powered by Cylance」をオプション機能として7月9日に提供開始することを発表した。

セキュリティア、EDR実装した次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense」を発売

セキュリティアは7月5日、EDRを実装した次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense」(米カーボン・ブラック社製)の販売を開始することを発表した。

マカフィー、2018年第1四半期の脅威レポートを発表

米マカフィーは7月5日、最新の2018年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs 脅威レポート:2018年6月」を発表した。

サイバーセキュリティクラウド、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」の累計導入サイト数が5,000サイトを突破

サイバーセキュリティクラウドは7月4日、同社のクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の累計導入サイト数が2018年5月時点で5,000サイトを突破したことを発表した。

富士ゼロックス、オフィスとクラウドを統合したセキュアなネットワーク環境を実現する閉域網サービスを販売開始

富士ゼロックスは7月4日、価値提供戦略「Smart Work Innovation」を具現化し、オフィスとクラウドを統合したセキュアなネットワーク環境を実現する閉域網サービスで、インターネットやモバイルなど企業や組織が必要とするさまざまな接続構成に順次対応する「Smart Cyber Security」の提供を開始することを発表した。