GRCS、クラウド型WAFのマネージド・セキュリティ・サービス取り扱いを開始

GRCSは8月30日、ソフトバンク・テクノロジーと協業し、クラウド型ウェブアプリケーションファイアーウォールの「Imperva Incapsula」およびSBTによる「マネージド・セキュリティ・サービスfor Imperva Incapsula」の取り扱いを開始することを発表した。

フォーティネット、最新のグローバル脅威レポートの研究結果を発表

フォーティネットは8月30日、最新のグローバル脅威レポートの研究結果を発表した。

インテック、トレンドマイクロの先進技術と高い実績を融合させたSaaS型サービスを提供開始

インテックは8月30日、「EINS/SPS」および「EINS/MCS」のセキュリティ対策として、トレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security as a Service」の提供を開始することを発表した。

NTT Com、セキュリティと使い勝手を両立した働き方改革対応ソリューションの提供を開始

NTTコミュニケーションズは8月30日、社外からセキュアに業務ができる環境を構築する働き方改革対応のソリューションを9月中旬から「モバイルワークスペースソリューション」のプランとして提供開始することを発表した。

ネットワールド、米テナブル社とディストリビューター契約を締結し、「Tenable.io」「SecurityCenter」を国内販売開始

ネットワールドは8月29日、米テナブル社と国内初のディストリビューター契約を締結し、同社のエンタープライズプラットフォーム製品「Tenable.io」および「SecurityCenter」を国内販売開始することを発表した。

キヤノンS&S、中堅・中小企業のIT人材不足によるセキュリティリスクを軽減するサービスを提供開始

キヤノンシステムアンドサポートは8月29日、中堅・中小企業のIT人材不足で起こりうるセキュリティリスクを、UTM(統合脅威管理)の運用サポートと保守で軽減する「お手軽運用支援サービス for FortiGate」を9月5日に提供開始することを発表した。

日立システムズ、導入負荷の低いエージェントレス型ウイルス対策製品と監視を組み合わせたサービスを提供開始

日立システムズとグループ会社のセキュアブレインは8月29日、最新型ウイルスへの対策として、シマンテックのエージェントレス型ウイルス対策製品「Symantec EDR Cloud」とセキュリティアナリストによる監視を組み合わせたサービスを、主に社内に専門のIT技術者がいない企業やセキュリティ対策の導入・管理に手間をかけられない企業などに向けて、10月1日から提供開始すると発表した。

損害保険ジャパン日本興亜とトレンドマイクロら、「セキュリティインシデントに関する被害コスト調査」を発表

損害保険ジャパン日本興亜とSOMPOリスケアマネジメント、トレンドマイクロの3社は8月28日、民間企業における情報システム・セキュリティに関する意思決定者を対象に行なった、事業継続を脅かすサイバー攻撃および内部犯行による対応コストへの影響を明らかにする「セキュリティインシデントに関する被害コスト調査」の調査結果を発表した。

IPA、偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”について注意喚起

IPA(情報処理推進機構)は8月27日、偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”について注意喚起を行なった。

テリロジー、クラウドeメール向けセキュリティと組織ネットワークにおける内部感染を可視化する「Lastline」新サービスを提供開始

テリロジーは8月27日、米Lastline社および同社日本法人ラストライン社の国内販売代理店として、クラウドeメール向けの新サービス「Email Defender-Cloud」およびネットワークの内部感染を可視化することでインシデントレスポンスを迅速化する「Network Defender」を8月1日に提供開始したことを発表した。

フィッシング対策協議会、LINEを騙るフィッシングについて注意喚起

フィッシング対策協議会は8月24日、LINEを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を行なった。

ラック、「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を提供開始

ラックは8月24日、工場におけるネットワーク化された制御系システムに対し、サイバーセキュリティリスクを総合評価する「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を提供開始することを発表した。

アイマトリックス、メールセキュリティアプライアンス「マトリックススキャンAPEXIII」にAIを用いた新バージョンを提供開始

アイマトリックスは8月23日、純国産メールセキュリティアプライアンス「マトリックススキャンAPEXIII」に、未知の脅威に対する防衛策として、AI/ディープラーニング技術を活用したアンチウィルス機能搭載の新バージョン「Ver. 4.18.700」の提供を開始することを発表した。

キヤノンS&S、ネットワークセキュリティを強化して中堅・中小企業の「働き方改革」を支援する「お手軽認証ソリューション」を提供開始

キヤノンシステムアンドサポートは8月23日、電子証明書認証を活用して中堅・中小企業のネットワークセキュリティを強化する「お手軽認証ソリューション」を8月29日から提供開始することを発表した。

NTT-AT、ディアイティと合同でサイバー保険付き会員制コミュニティサービス「CS@T倶楽部」を開始

NTTアドバンステクノロジは8月22日、ディアイティと合同で、8月からサイバー保険付き会員制CSIRTコミュニティサービス「CS@T倶楽部」の提供を開始することを発表した。

チェック・ポイント、6月の「Global Threat Index」を発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは8月21日、今年6月の「Global Threat Index」を発表した。

NRIセキュア、「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2018」を発表

NRIセキュアテクノロジーズは8月21日、情報セキュリティ対策サービスを通じて蓄積したデータを元に、サイバー攻撃などに関する最新の動向分析と推奨する対策をまとめた「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2018」を発表した。

NVC、次世代エンドポイントセキュリティのセキュリティ運用サービス提供を開始

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は8月21日、米Carbon Black社が提供する次世代エンドポイントセキュリティ「Cb Defense」向けセキュリティ運用サービスの提供を開始することを発表した。

NEC、デジタルトランスフォーメーションを実現する企業向けSDNを強化

NECは8月21日、顧客のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)実現に向け、ネットワークにおけるシンプルな運用と迅速なセキュリティリスク対処を可能にする新たなSDNコントローラー「UNIVERGE Network Operation Engine」を提供するとともに、関連するネットワークおよびセキュリティのマネージドサービスを開始することを発表した。

カスペルスキー、製品統計データから1か月間で約2万3,000台のAndroid端末が紛失・盗難が明らかに

カスペルスキーは8月15日、Android向けのカスペルスキー製品の統計データを分析したところ、1か月間で約2万3,000台のAndroid端末が紛失または盗難に遭った可能性があることが明らかになったと発表した。

トレンドマイクロ、「ビジネスメール詐欺に関する実態調査 2018」を発表

トレンドマイクロは8月14日、法人組織における情報セキュリティ・社内IT、経理に関する意思決定者・意思決定関与者1,030名を対象に6月に実施した、ビジネスメール詐欺に関する認知度や被害実態を明らかにする「ビジネスメール詐欺に関する実態調査 2018」の調査結果を発表した。

日商エレクトロニクス、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を提供開始

日商エレクトロニクスは8月14日、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を提供開始することを発表した。

ファイア・アイ、「Endpoint Security」ソリューションに機械学習エンジン「MalwareGuard」を追加

ファイア・アイは8月13日、「FireEye Endpoint Security」に機械学習をベースとした検知・防御エンジン「MalwareGuard」を追加したことを発表した。

チェック・ポイント、モバイル向け脅威対策ソリューション「SandBlast Mobile」に新機能を搭載した「SandBlast Mobile 3.0」を発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは8月10日、モバイル向け脅威対策ソリューション「SandBlast Mobile」に新機能を搭載した「SandBlast Mobile 3.0」を発表した。

カスペルスキー、2018年第2四半期「サイバー脅威レポート」を公開。モバイルバンキングを狙うトロイの木馬が増大、過去最大件数に

カスペルスキーは8月9日、Kaspersky Labが2018年第2四半期(4月~6月)のサイバー脅威レポートを公開したことを発表した。

IPA、Microsoft製品の脆弱性対策について注意喚起

IPA(情報処理推進機構)は8月15日、Microsoft製品の脆弱性対策について注意喚起を行なった。

IDC Japan、IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表

IDC Japanは8月9日、国内企業のCIOや情報システム部門長またはそれに準じる立場の管理者を対象として行なった、国内企業のIT投資動向に関する調査の分析結果を発表した。

IPA、佐川急便を騙る偽ショートメッセージサービスについて注意喚起

IPA(情報処理推進機構)は8月8日、佐川急便を騙る偽ショートメッセージサービスに関する相談が増えたとして、その仕組みと対策を公開した。

トレンドマイクロ、拡張子「.iqy」のファイルが1日29万通のスパムメールに添付されて日本国内に拡散と発表

トレンドマイクロは8月8日、同社のセキュリティブログにおいて、この8月に入って日本語のスパムメールで、拡張子「.iqy」のファイルの添付を初確認したことを発表した。

NRIセキュア、IAST、RASPに対応した脆弱性検査製品を販売開始

NRIセキュアテクノロジーズとユービーセキュアは8月7日、米Contrast Security社のセキュリティ脆弱性検査製品「Contrast Assess」(IAST対応)と「Contrast Protect」(RASP対応)を販売開始することを発表した。