パロアルトネットワークス、新型コロナ対策におけるテレワークの実態とウィズコロナ・ポストコロナ時代の課題に関する調査結果を発表

パロアルトネットワークスは6月12日、新型コロナウイルス感染症対策として推進されているテレワークの実態と、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の課題について明らかにすべく、日本企業の意思決定者を対象に実施した「テレワークジャパンサーベイ2020年版」の結果を発表した。

日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティサービスの知的財産ビジネスを行なう「エアトラスト株式会社」を設立

日本ユニシスとソフトバンクは6月15日、スマホと秘密分散技術を活用したセキュリティサービスの知的財産(IP)ビジネスを行なう新会社「エアトラスト株式会社」を設立したことを発表した。

経済産業省、昨今の産業を巡るサイバーセキュリティに係る状況の認識と、今後の取組の方向性についての報告書を発表

経済産業省は6月12日、昨今のサイバー攻撃の特徴や具体的事例を整理するとともに、今後の取組の方向性を取りまとめた報告書を発表した。

ベリタス、ランサムウェア攻撃に関する調査結果を発表

Veritas Technologies(ベリタス)は6月11日、ランサムウェアに関する調査結果を発表した。

NTTドコモ モバイル社会研究所、スマホ・ケータイのセキュリティ対策実施状況に関する「2014-2020年一般向けモバイル動向調査」を発表

NTTドコモ モバイル社会研究所は6月10日、スマホ・ケータイのセキュリティ対策実施状況について2014年から2020年までの推移を比較した「2014-2020年一般向けモバイル動向調査」を発表した。

サイバーセキュリティクラウド、損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、フィナンシャル・エージェンシーの4社、サイバー攻撃検知ビッグデータを活用した保険商品と関連ソリューションの開発に向けて共同研究を開始

サイバーセキュリティクラウド、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、フィナンシャル・エージェンシー(FA)の4社は6月10日、サイバーセキュリティクラウドが展開するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」や、AIによるAWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」から得られるサイバー攻撃検知ビッグデータの活用に向けた共同研究を開始することを発表した。

マクニカネットワークス、SIEM利用者向けセキュリティコンサルティングサービスを提供開始

マクニカネットワークスは6月9日、MITRE ATT&CKフレームワークを活用したSIEM利用者向けセキュリティコンサルティングサービスを提供開始することを発表した。

インターネット事業会社と通信事業会社の9社、インターネット上の防災意識を啓発する「サイバー防災」を開催

インターネット事業会社と通信事業会社の9社は6月9日、インターネット上の防災意識の啓発を目的とした取り組み「サイバー防災」を、「サイバー防災の日」6月9日から開催することを発表した。

三井物産セキュアディレクション、サイバー保険を付帯したワンストップ セキュリティ サービスの販売を開始

三井物産セキュアディレクション(MBSD)と三井住友海上火災保険は6月4日、MBSDが開発・販売しているクラウドベースのセキュリティソリューション「MBSD Global Security Platform」(MGSP)に、三井住友海上が提供するサイバー保険を付帯したワンストップセキュリティサービスを共同開発し、6月に販売を開始することを発表した。

IPA、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0 実践のためのプラクティス集」を公開

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は6月3日、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0 実践のためのプラクティス集」を公開した。

ネットワンパートナーズ、「人の視点」を活用した新発想のフィッシングメール防御ソリューション群を提供開始

ネットワンパートナーズは6月2日、米Cofense社とディストリビューター契約を締結し、「人の視点」を活用したフィッシングメール防御ソリューション群をパートナー企業経由で提供開始することを発表した。

サイバートラスト、インシデント発生リスクを低減し事業継続を支援する「コンプライアンス調査サービス」を提供開始

サイバートラストは6月3日、情報セキュリティコンサルティング セキュリティ調査サービスの新サービスとして「コンプライアンス調査サービス」の提供を開始することを発表した。

フィッシング対策協議会、「フィッシングレポート 2020」を公開

フィッシング対策協議会の技術・制度検討ワーキンググループは6月2日、フィッシングの被害状況、フィッシングの攻撃技術・手法などをとりまとめた「フィッシングレポート 2020」を公開した。

グローバルセキュリティエキスパート、テレワーク環境下に対応した標的型メール訓練メニューをリリース

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は6月3日、テレワーク環境下に対応した標的型メール訓練メニューをリリースすることを発表した。

ファーストライディングテクノロジークラウド型セキュリティインシデント検出サービス「DH SecurityAnalyzer」を全国の中小企業・自治体向けに販売開始

ファーストライディングテクノロジー(FRT)は6月1日、デジタルハーツと販売店契約を締結し、全国の自治体、中小企業向けにデジタルハーツが提供するセキュリティ監視サービス「DH SecurityAnalyzer」を販売開始することを発表した。

トレンドマイクロ、2020年事業戦略を発表

トレンドマイクロは5月27日、2020年の事業戦略を発表した。

ソフォス、「The State of Ransomware 2020(ランサムウェアの現状2020年版)」を発表

ソフォスは5月26日、世界的に実施した調査に関するレポート「The State of Ransomware 2020(ランサムウェアの現状2020年版)」を発表した。

NEC、テレワーク環境のセキュリティ対策相談サービスを無償で提供開始

NECは5月26日、テレワーク環境のセキュリティ対策についてWeb会議や電話で相談できるサービスを、6月1日~30日の期間限定で無償提供することを発表した。

フォーティネット、エンドポイントの高度な脅威保護、検知、レスポンスを自動化するエンドポイント保護ソリューションを販売開始

フォーティネットは5月26日、エンドポイントの高度な脅威保護、検知、レスポンスを自動化するエンドポイント保護ソリューション「FortiEDR」を、国内パートナー各社を通じて日本市場に投入することを発表した。

ファイア・アイ、マルチクラウド向けセキュリティ集中管理ソリューション「FireEye Cloudvisory」を提供開始

ファイア・アイは5月26日、プライベート、パブリック、ハイブリッドの各クラウド環境向け統合セキュリティ集中管理ソリューション「FireEye Cloudvisory」の提供開始を発表した。

NEC、標的型攻撃によるマルウェア侵入リスクを低減するインターネット分離ソリューションを販売開始

NECは5月25日、標的型攻撃への有効な対策となるインターネット分離ソリューション「Application Platform for SCVX」を、統合型ソリューション「NEC Solution Platforms」のラインアップに追加し、販売開始することを発表した。

総務省、「IoT・5Gセキュリティ総合対策 プログレスレポート2020」を公表

総務省は5月22日、「IoT・5Gセキュリティ総合対策 プログレスレポート2020」を公表した。

カスペルスキー、2020年第1四半期のDDoS攻撃に関する調査結果を公開

Kasperskyの調査チームは5月22日、2020年第1四半期(1~3月)のDDoS攻撃に関する調査結果を公開した。

スリーシェイク、セキュリティ診断サービス「Sreake security」をリリース

スリーシェイクは5月21日、セキュリティ診断サービス「Sreake security」の提供を開始することを発表した。

カスペルスキー、組み込み機器向けセキュリティアプリケーション「Kaspersky Embedded Systems Security」の最新バージョン3.0を提供開始

カスペルスキーは5月21日、Windowsベースの組み込み機器向けセキュリティアプリケーション「Kaspersky Embedded Systems Security」の最新バージョン3.0(英語版)を、パートナー経由で提供開始することを発表した。

マクニカネットワークス、テレワーク環境セキュリティ評価サービスを提供開始

マクニカネットワークスは5月21日、テレワーク環境におけるセキュリティ課題の有無を評価し、改善アドバイスを行なう「テレワーク環境セキュリティ評価サービス」の提供を開始することを発表した。

ベクトル、従業員のセキュリティ意識を⾒える化する診断サービス「Risk Find」を提供

ベクトルは5月19日、サイバーセキュリティ事業に参⼊し、BtoBソリューションの第⼀弾として、従業員のセキュリティ意識を⾒える化する診断サービス「Risk Find」を提供することを発表した。

日本ネットワークセキュリティ協会、「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」を公開

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は5月19日、今後の社会活動が新型コロナウイルスと共存するという前提の中で、各企業・組織における働き方やセキュリティ上で留意すべき点をチェックリスト形式でまとめた「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」を公開した。

ラック、高度化する攻撃と追従する診断技術を「セキュリティ診断レポート」で啓発

ラックは5月18日、同社のセキュリティ診断チームが顧客へ提供する診断サービスで得た知見から、巧妙に仕掛けられる標的型攻撃への次なる対策として注目される「ペネトレーションテスト」を特集して「セキュリティ診断レポート 2020 春」にまとめたものを発表した。

ISID、セキュリティ意識向上トレーニングプラットフォーム「KnowBe4」を提供開始

電通国際情報サービス(ISID)は、米KnowBe4社と国内販売代理店契約を締結し、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた統合型社員教育プラットフォーム「KnowBe4」の提供を開始することを発表した。