SecurityInsight | セキュリティインサイト

パロアルトネットワークス、リモート拠点とモバイル向けの新クラウドサービス

パロアルトネットワークスは9月12日、リモート拠点やモバイル向けに、次世代ファイアウォールをはじめとする同社製品の基盤をクラウドで提供する新サービス「GlobalProtect cloud service」を9月末から開始すると発表した。グローバルサービスとして新たにローンチされ、国内でも同日にサービスが開始される。

クリス・モロスコ(Chris Morosco)氏

GlobalProtect cloud serviceは、次世代ファイアウォール「PAシリーズ」や集中管理ツール「Panorama」、SaaS向けセキュリティサービス「Aperture」といった同社のセキュリティ基盤をクラウド上に配置し、パートナー経由でユーザーに提供するサービス。リモート拠点向けと、モバイルユーザー向けの2つのプランがあり、分散型のセキュリティ基盤で課題になりがちだった運用コストを削減し、組織全体で一貫したポリシーを適用することを支援する。

発表にあたった、プロダクトマーケティングディレクターのクリス・モロスコ(Chris Morosco)氏は、新サービス投入のねらいについて「リモート拠点やモバイルユーザーのセキュリティ運用は、ネットワーク構築やポリシー適用が複雑で高コストになりがち。海外拠点をグローバル規模で展開することも管理負担が大きい。GlobalProtect cloud serviceはわれわれがクラウドのセキュリティ基盤の運用を行い、既存のPalo Altユーザーが本社と支店オフィスのアプラインスを運用コストを下げながら、セキュリティを統合管理できるようにする」と説明した。

GlobalProtect cloud serviceは、脅威防御やURLフィルタリング、WildFireといったPAシリーズのセキュリティ機能のサブスクリプションをすべて含む。これらに「Logging Service」というグローバル規模のログ解析サービスを組み合わせ、Panoramaを使って企業が支店やモバイルユーザーを統合管理できるようにする。Logging Serviceは必須で、脅威インテリジェンスサービス「AutoFocus」やApertureはオプションとなる。

リモート拠点用の「GlobalProtect cloud service」概要

モバイルユーザー用の「GlobalProtect cloud service」概要

価格体系は、リモート拠点向けが帯域幅のプール量に基づくライセンスで、200Mbpsから10,000Mbpsまでの範囲での従量制。モバイルユーザー向けはユーザー数に基づくライセンスで200ユーザーから5万以上のユーザーまでの範囲での従量制となる。

責任共有範囲

「Palo Altがマネージドサービスを提供するわけではなく、あくまでパートナー経由で提供するサービス。Palo Altは機器のOSの更新やフォールトトレランス、自動スケーリングなどを行う。サービス接続やモニタリング、ポリシー作成と管理、フォレンジックなどはユーザーやパートナーが行う」(モロスコ氏)

関連リンク

パロアルトネットワークス

プレスリリース