SecurityInsight | セキュリティインサイト

Kaspersky Lab、暗号化通信を窃取する、極めて高度なAPT「ProjectSauron」を発見

カスペルスキーは8月9日、Kaspersky Labの調査分析チーム(GReAT)が昨年9月に標的型攻撃対策プラットフォーム「Kaspersky Anti-Targeted Attacks Platform」を導入している組織で検知された異常を調査したところ、国家が支援すると考えられるサイバー犯罪グループ「ProjectSauron」による攻撃であることが分かったと発表した。

続きを読むには、購読手続きが必要です。