SecurityInsight | セキュリティインサイト

NTTネオメイト、クラウド型サービス「AQStage 仮想デスクトップ」にマネージドセキュアプランを提供開始

エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下NTTネオメイト)は3月15日、クラウド型サービス「AQStage 仮想デスクトップ」の新プランとして「サイバー攻撃リスクの極小化」と「セキュリティ運用負担の削減」を両立した「AQStage 仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン」を提供開始することを発表した。

「AQStage 仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン」は、これまでの「AQStage 仮想デスクトップ」における“内部からの情報漏洩の発生抑止”によるセキュアなデスクトップ環境の提供に加え、今回新たに“外部からの高度なサイバー攻撃への対策とその運用”までをサポートする。

このプランを利用することにより「端末のガバナンス強化」「高度な攻撃の防御」「影響範囲の最小化」の3フェーズでサイバー攻撃リスクを極小化することが可能となり、併せて運用管理者のスキル習熟や日々の運用作業における負担を大きく軽減することが可能になるとしている。
 

関連リンク

プレスリリース