SecurityInsight | セキュリティインサイト

パロアルトネットワークス、SaaSアプリケーションのデータ保護を高めるクラウドセキュリティサービスを提供開始

パロアルトネットワークスは3月17日、法人向けSaaSアプリケーション上のデータ保護を高めるクラウドベースのセキュリティサービス「Aperture」の日本市場での提供を開始することを発表した。

「Aperture」は、組織で利用が許可された法人向けSaaSアプリケーションの脅威防御や情報漏洩対策を行なうクラウドベースのセキュリティサービス。シャドーITで懸念される、許可されていないSaaSアプリケーションへのアクセスの可視化と制御を行なうパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールと組み合わせることで、SaaSアプリケーションに対する包括的なセキュリティ対策を構築できる。

また、パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスクラウド「WildFire」と連携することで、SaaSアプリケーション内の既知および未知のマルウェアをブロックできる。SaaSアプリケーション内のデータに対するあらゆる動きの可視化と、機械学習によるコンテンツ解析による文書ファイルの分類により、データの機密性にあわせて情報漏洩に対して効率よく迅速に対処できる。

■「Aperture」の主要機能
・高度な脅威防御:
脅威インテリジェンスクラウドWildFireとの連携により、SaaSアプリケーション内の既知だけではなく未知のマルウェアを識別し、ブロックできる。

・利用状況の可視化:
ユーザーやフォルダー、ファイルの動きを可視化し、分析を行なうことで、SaaSアプリケーションの利用状況を正確に把握できる。

・データ分類や検査、ポリシー制御による情報漏洩対策機能:
機械学習によるカスタムデータ分類や日本語対応のコンテンツ検査機能を提供。これにより、キーワードや正規表現、業界標準のデータ分類子に基づき、重要なデータが誤って公開されていないか、コンプライアンスに違反していないかを判定できる。さらに、コンテキスト(文脈)を理解しつつ行なうポリシー制御機能により、各組織の定めるルールに違反が発生すると即座にSaaSアプリケーションからデータを隔離できる。

■対応するSaaSアプリケーション
Box、Dropbox、GitHub、Google Drive、Microsoft Office 365、Salesforce、Secure Data Space (SSP Europe)、Slack, Jive, ServiceNow
 

関連リンク

プレスリリース