SecurityInsight | セキュリティインサイト

サイバーセキュリティクラウド、SaaS型WAF「攻撃遮断くん WEBセキュリティタイプ」に攻撃可視化の管理画面を提供開始

サイバーセキュリティクラウドは4月13日、SaaS型WAFのWebセキュリティサービス「攻撃遮断くん WEBセキュリティタイプ」に、管理画面の提供を開始することを発表した。

サイバーセキュリティクラウドは、Webサイトへのあらゆる攻撃を遮断するクラウド型WAF「攻撃遮断くん サーバセキュリティタイプ」、SaaS型WAF「攻撃遮断くん WEBセキュリティタイプ」と、WAF機能に加えてDDoS対策機能を備えた「攻撃遮断くん DDoSセキュリティタイプ」を提供している。そのうち、リアルタイムで可視化した情報を把握できる管理画面は「攻撃遮断くん サーバセキュリティタイプ」のみで提供していたが、ユーザーから要望を受け、今回のアップデートで全プランにおいて管理画面の利用が可能となった。

管理画面では、攻撃種別の確認、攻撃元IPの確認、攻撃元国の確認、期間毎の攻撃グラフデータといったさまざまな攻撃情報をリアルタイムに把握することができる。目には見えないサイバー攻撃を可視化することで、より適切な状況把握と情報共有が可能になる。なお、サービス提供者向けにはAPIを提供しているため、クラウド管理コンソールやCMSコンソール、MSP管理コンソールなどのサービスと連携することが可能となっている。
 

関連リンク

プレスリリース