SecurityInsight | セキュリティインサイト

FFRI、自動車ソフトウェア標準化団体JASPARに加盟

FFRIは5月8日、日本の自動車ソフトウェア標準化団体である一般社団法人JASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)に5月1日付で加盟したことを発表した。

JASPARは、高度化・複雑化する車載電子制御システムのソフトウェアやネットワークの標準化および共通利用による、開発の効率化と高信頼性確保を目指し、2004年9月に設立された社団法人。現在、自動車メーカー、サプライヤー、半導体メーカー、組込みソフトウェアメーカーの各業種から技術者が参画し、海外・国内の関連団体との協調の下、車載LAN、ソフトウェア、マイコンおよび情報系領域における標準化を推進している。

FFRIはサイバーセキュリティの研究開発企業として、自動車のサイバーセキュリティに関する研究にもいち早く取り組み、日本発情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE」などでもその研究成果を発表している。自動車のネットワーク化により新たな脅威が顕在化しており、自動車のサイバーセキュリティの重要性はますます高まると予想されることから、積極的にこの分野の調査研究を深める必要があると考え、今回のJASPAR加盟に至ったという。
 

関連リンク

プレスリリース(PDF)