SecurityInsight | セキュリティインサイト

伊藤忠テクノソリューションズ、ランサムウエアに対応するエンドポイントセキュリティを強化

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は7月6日、自社で提供するセキュリティ監視・運用サービス「CTCマネージドセキュリティサービス(CTC-MSS)」と、既知と未知の脅威からエンドポイント(端末)を保護するセキュリティソリューション「SentinelOne Endpoint Protection Platform(以下SentinelOne EPP)」との連携を7月から開始することを発表した。これにより、多くのサイバー攻撃で狙われやすいエンドポイントでの被害に対して、エンドポイントの隔離や攻撃元の特定など、迅速な対応ができるようになるとしている。

CTC-MSSは、24時間365日、リアルタイムにファイアウォールやIPS(Intrusion Prevention System:不正侵入防止装置)等のセキュリティ機器を監視し、収集した情報をもとに脅威を分析するサービスとなっている。今回、既知と未知の脅威に対する機械学習を活用した検出エンジンを持つ次世代型のエンドポイントセキュリティ製品であるSentinelOne EPPをCTC-MSSの監視対象に追加した。CTC-MSSのセキュリティアナリストが、エンドポイントからのアラートに基づき攻撃元の特定やアクセスの遮断、感染した端末の切り離しなど、被害の拡大を防止するため一元的な対応を行なう。
 

関連リンク

プレスリリース