SecurityInsight | セキュリティインサイト

トレンドマイクロ、「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査 2017」の結果を公開

トレンドマイクロは7月6日、スマートフォンでFacebook、Twitter、LINEなどのSNSを利用している子ども(小学4年生~6年生・中学1年生~3年生)を持つ保護者618名を対象に行なったWebアンケート調査「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」(調査期間:2017年4月20日~22日)の結果を発表した。その概要は以下のとおり。

SNSの利用中にトラブルを経験した子どもが約3割いることが分かった。生活習慣に関するトラブルが最も多い一方で、不正ログインや有害サイトの閲覧経験も一定数の子どもが経験していることが判明した。子どものSNS利用中のトラブル経験有無により、セキリュティ対策実施状況が22ポイント以上の差となり、実際にトラブルを経験している子どもの保護者がセキュリティ対策に積極的という結果になった。

これは子どもがトラブルに遭ったのでセキュリティ対策を行なった、もしくは対策をしていたのでトラブルに遭ったことが判明した可能性が考えられる。インターネットを利用する子どもの安全を守るには、対処療法的な対策ではなく、万が一被害に遭わないために事前に対策を検討し、子どもと保護者で話し合うことが重要となる。

●SNS利用中にトラブルを経験した子どもが約3割
SNS利用中に、子どもが何らかのトラブルを経験したと回答した保護者は26.2%に上った。さらに、トラブルがあったかどうか「知らない・分からない」と回答した保護者(11.7%)を足すと約4割となった。具体的なトラブルは、「SNSに熱中して、勉強など生活習慣に悪影響が出てしまった」(13.9%)が最も多く、次いで「他人に勝手にログインされた」(5.3%)、「暴力、薬物、性的描写などを含む有害なサイトを閲覧した」(5.2%)が多い結果となった。

●SNS利用中にトラブルを経験した子どもの保護者ほど、セキリュティ対策を実施している傾向に
子どものSNS利用時のセキュリティ対策の実施状況(「保護者の指導」と「製品や設定での対策」)について聞いたところ、「特になし」と回答した保護者が24.6%となった。最も実施割合が高い「不審なWebサイトへのリンクをクリックしないことを教える」でも43.9%にとどまり、その他の対策は3割未満となっている。

また、子どものSNS利用中のトラブル経験有無別に、セキュリティ対策実施状況を調べたところ、「何らかのトラブル経験がある」子どもの保護者では対策を実施しているのは88.9%となったのに対し、「特に経験がない」とした保護者は66.8%にとどまり、その差は約22ポイントとなった。

 

関連リンク

プレスリリース