SecurityInsight | セキュリティインサイト

バリオセキュア、エンドポイントセキュリティサービスを提供開始

バリオセキュアは8月8日、マネージドゲートウェイセキュリティとの併用可能なエンドポイントセキュリティサービスとして、「VarioEndPointSecurity-F」を提供開始することを発表した。

「VarioEndPointSecurity-F」は、自社開発UTM「VSR(VarioSecureRouter)」でのゲートウェイセキュリティに加え、万が一の侵入に対してもマルウェア感染や情報漏洩リスクを最小限にするための「エンドポイント対策」を可能にするサービスとなっている。

ゲートウェイで検知できなかった新種のマルウェア、ランサムウェア等の攻撃があった場合など、マルチポイントでのセキュリティ対策をすることで、さらなる安全性を強化する。
 

関連リンク

プレスリリース(PDF)