SecurityInsight | セキュリティインサイト

アライドテレシスとアズビルセキュリティフライデー、Secure Enterprise SDNソリューションで連携

アライドテレシスと、アズビルセキュリティフライデーは9月11日、アズビルセキュリティフライデーのネットワークセンサー「VISUACT-X」をアライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN」と組み合わせ、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していくことに合意したことを発表した。

アズビルセキュリティフライデーの「VISUACT-X」は、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサーで、ITシステムの内部への侵入を許してしまったサイバー攻撃をリアルタイムで検知する。拡散や基盤構築などの攻撃準備をしている段階でいち早く検知することで、大きな被害が発生する前に対策を取ることが可能になる。

●強化ソリューションの特徴
・ITシステムを流れる膨大な通信の中からサイバー攻撃だけを検知/通知
・インシデント事後調査に必要となる管理者レベルのネットワークアクセスを記録
・ネットワーク監視型を採用しているため、他のシステムに干渉しない

「VISUACT-X」は、稼働中のITシステムに悪影響を及ぼすことなく低リスクで導入でき、他のセキュリティシステムと組み合わせることで、より精度の高いサイバー攻撃検知システムが構築できる。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN」は、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、セキュリティを強化し、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストを削減する。

「VISUACT-X」により、Windowsの通信プロトコル「Server Message Block」による組織内通信を監視し、サイバー攻撃を検知する。サイバー攻撃を受け感染した端末を検知した際、管理者による制御指示メールにて被疑端末の通信を遮断、もしくはVLAN隔離することで、被害および内部拡散を防止する内部対策ソリューションを提供する。
 

関連リンク

プレスリリース