SecurityInsight | セキュリティインサイト

富士通、生体認証のないPCでFIDO認証を行うサービス

富士通は9月11日、企業内の業務システムへのアクセスなどにFIDO(Fast IDentity Online)認証に使用できるパソコン.・スマホ連携機能を新たに追加した。

同社は、次世代オンライン認証規格FIDO(ファイド)認証に準拠したセキュアで利便性の高いオンラインサービスを実現する「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス」を提供している。

今回この機能を強化し、業務で使用するWindowsパソコンに生体認証機能が搭載されていなくても、会社支給や個人所有のスマートフォンに専用のアプリケーションをインストールするだけで、パソコンと連携したFIDO認証を行うことを可能にした。

業務システムへのアクセスなど本人認証が必要なときに、パソコン画面に表示されたQRコードをスマートフォンのアプリケーションで読み込むことで業務パソコンとスマートフォンを紐付け、スマートフォンに格納した生体情報によるFIDO認証でセキュアにアクセスすることができる。個人所有のスマートフォンを活用できるため、新たに生体認証デバイスを導入する必要がなく、パスワードレスなオンライン認証により、利用者の利便性も向上するとしている。

また、スマートフォンでの生体認証に加えて、USBキーやICカードなどの外部デバイスを用いて二要素認証を行う「U2F」認証にも対応。複製が困難な外部デバイスを本人認証の条件に加えることで、より確実な認証を実現する。

関連リンク

プレスリリース