SecurityInsight | セキュリティインサイト

ソフトクリエイト、ウォッチガードの統合セキュリティアプライアンスと連携し、統合セキュリティアプライアンスで検知した感染端末を自動遮断

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(以下ウォッチガード)と、ソフトクリエイトは9月19日、ウォッチガードのセキュリティアプライアンス「Firebox」と、ソフトクリエイトの不正アクセス端末検知・遮断システム「L2Blocker」を連携した機能を10月2日から提供開始することを発表した。

インターネットとのゲートウェイで多層防御する「Firebox」が、既知および未知のマルウェアの侵入を検知した際に感染した端末を特定し、その情報を「L2Blocker」と連携することで、感染した端末を速やかにかつ自動的に社内ネットワークから遮断する。この自動遮断により、ネットワーク内部の二次感染による被害が拡大するリスクを低減する。システム担当者が不在の休日や夜間の場合でも同様の対抗措置が行なえる。

この連携により、「入口・出口対策」に加えて「内部対策」の強化を実現できる。また、ソフトクリエイトではレポーティングサービスなどのマネージドサービスも併せて提供する。
 

関連リンク

プレスリリース