SecurityInsight | セキュリティインサイト

大日本印刷、サイバー攻撃と戦うホワイトハッカーを訓練する講座を開設

大日本印刷は9月20日、企業に対するサイバー攻撃への対策要員を訓練、養成する「サイバーナレッジアカデミー」にて、ホワイトハッカーを訓練するコース「サーティファイド・サイバー・オフェンス・プロフェッショナルコース(以下CCOPコース)ホワイトハッカー」を10月に開設することを発表した。

この新講座では、ホワイトハッカーに必要な攻撃者の心理を知り、その手口を迅速に発見するスキルを身につけることで、自社システムのセキュリティ侵害につながる脆弱性の早期発見や効果的な防御を行なうことが可能になるとしている。

■「CCOPコース ホワイトハッカー」の特徴
・一般的な企業内ITシステムを模した仮想環境に対し、受講生があらかじめ設定されたサイバー攻撃の課題をクリアする。受講生はハッキングの知識や技術を駆使し、システムへ侵入するための一連の方法を探し出す。実践の中で試行錯誤しながら、ハッキングに必要な技術や着眼点、論理的思考などを学ぶ、ホワイトハッカー向けの上級トレーニングコース。

・近年増加している高度で複雑なサイバー攻撃に対し、攻撃者の視点で自社システムの脆弱性を早期に認識できるようになり、備えることができる。

5日間のコースとなっており、日時は10月11日〜13日と19日、20日(各回9〜18時)、場所はDNP五反田ビル、価格は一人60万円(税抜き)となっている。

 

関連リンク

プレスリリース