SecurityInsight | セキュリティインサイト

サイバーセキュリティクラウド、ランサムDDoSに対する専用相談窓口を設置

サイバーセキュリティクラウドは10月2日、金銭的な利得を目的とするDDoS攻撃(以下、ランサムDDoS)に対して、専用の相談窓口を設置したことを発表した。

同社ではランサムDDoSに関する相談の問い合わせが増えており、証券会社などの金融機関を中心に、複数の企業からランサムDDoSの報告を受けていることから、ランサムDDoS専用の相談窓口を設置し、セキュリティコンサルティングの専任担当者による対応を開始することにしたという。脅迫を受けた際の対応や環境に応じた対策方法の相談を受けていく。

すでに脅迫を受けており、早急にDDoS攻撃の対策を施さなければならないにも関わらず、早期の予算獲得が行なえずに被害を受けてしまう事例もあることから、ランサムDDoS専用相談窓口を利用して、「攻撃遮断くん DDoSセキュリティタイプ」を契約した顧客には、予算の獲得を行なわなくても早急に導入できるよう、サービス利用料を初月無料にする。
 

関連リンク

プレスリリース