SecurityInsight | セキュリティインサイト

NECネッツエスアイ、サイバーリスク補償保険付きインターネットゲートウェイサービスを開始

NECネッツエスアイは10月5日、三井住友海上火災保険と連携して、サイバーリスク補償保険を組み合わせた「S-iDCセキュアゲートウェイサービス type ME」の販売を開始することを発表した。

「S-iDCセキュアゲートウェイサービス type ME」は、ユーザーの拠点から安全なインターネットアクセスを実現するゲートウェイをNECネッツエスアイのデータセンター内に構築し、ファイアウォールや不正侵入対策等に強みを持つ、高度なセキュリティ機能を有するクラウドサービスを提供。同時に、サイバー攻撃等により発生する経済的な損失を補償する「サイバーリスク補償保険」を組み合わせることで、ワンストップで中堅・中小企業のサイバーリスク対策強化を支援する。

■サービス内容
・インターネットゲートウェイサービス(NECネッツエスアイ)
データセンターにあるサービス基盤を利用したファイアウォールや不正侵入対策などの高品質かつ豊富なセキュリティ対策機能を有するインターネットゲートウェイサービス。サイバー攻撃対策や情報漏洩対策に加え、複数拠点における接続ポリシー統一によるコスト削減やアクセス制御などのガバナンス強化までも幅広くカバーし、企業におけるIT管理を支援する。

・サイバーリスク補償保険(三井住友海上)
サイバー攻撃による情報漏洩や第三者の業務の阻害などによって発生する法律上の賠償責任や各種費用を補償する。
1.賠償損害に関する補償
サイバー攻撃による情報漏洩や第三者の業務の休止、または阻害などが発生した場合の法律上の損害賠償や争訟費用を補償(支払限度額:1,000万円)

2.費用損害に関する補償
上記の事故が発生した場合に被保険者が必要かつ有益な措置を講じることによって被る各種費用(事故対応費用、コンサルティング費用、データ復旧費用等)を補償(支払限度額:100万円)
 

関連リンク

プレスリリース