SecurityInsight | セキュリティインサイト

トレンドマイクロ、「パスワードの利用実態調査 2017」を発表

トレンドマイクロは10月5日、「パスワードの利用実態調査 2017」を発表した。これは、ID/パスワードでのログインが必要なWebサービスの利用者515名を対象に、パスワードの利用や管理の実態調査をWebアンケート方式で実施したもの。調査結果の概要は以下のとおり。

1.パスワードを使い回している利用者が8割以上
複数のWebサービスでパスワードを使い回しているユーザーは85.2%と、大半のユーザーがパスワードを使いまわしていることが分かった。前回2014年の調査時には93.1%が使い回しをしていると回答している。前回より7.9ポイント下がっていることから、パスワード管理への意識に多少の変化がうかがえるものの、未だに多くの利用者がパスワードを使い回し、リスクの高い利用状況にあることが分かった。

また、使い回すパスワードの数に関して、2014年には「2~3種類を使いまわす」が56.4%を占めていたが、今回の調査では41.4%と15ポイント減少している。一方で「4~5種類を使いまわす」が、2014年の12.0%から17.7%へと5.7ポイント増加しており、使い回すパスワードの数を増やすことによりリスク低減を試みる傾向があることがうかがえる。

2.パスワードの管理は「手帳やノートにメモする」が依然と4割以上を占める
パスワードの管理方法では「手帳やノートにメモする」が最も多く(44.7%)、次いで、「書いたり、保存せずに覚えておく」(26.4%)が多い結果になった。2014年の調査でも同様の結果が出ており、Webサービスのパスワードというデジタル情報の管理に、手書きのメモや、記憶に頼るという、アナログな方法をとるユーザーが依然多いことが分かった。「書いたり、保存せずに覚えておく」の回答は2014年の調査では36.5%を占めていたが、今回の調査では26.4%と、10.1ポイント減少している。
 

関連リンク

プレスリリース