SecurityInsight | セキュリティインサイト

ITガード、「AppGuard」販売の本格展開を開始

ITガードは10月5日、エンドポイントプロテクション製品「AppGuard」販売の本格展開を開始することを発表した。

「AppGuard」は、従来の「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レピュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品となっている。

「AppGuard」は、感染リスクが高いハイリスクなアプリケーションでも、信頼されるアプリケーションでも、すでにマルウェア感染されている可能性があるものとして、起動時にコンテナ化しプロセスを隔離する。そのうえで、プロセスの動作範囲を限定し、通常の動作は可能にしながらも不正なプロセスやメモリへ のアクセスや書き込み、OSの重要なコンポーネントなどポリシー違反の動作を完全遮断、阻止する。さらに、ポリシーを継承することで、プロセスから派生する子のプロセスも自動的に隔離する。

 

関連リンク

プレスリリース