SecurityInsight | セキュリティインサイト

テリロジー、ダークウェブの脅威に立ち向かう人材育成のアカデミーを開設

テリロジーは10月6日、サイバー攻撃などの犯罪の温床であるダークウェブの脅威に立ち向かうプロアクティブな人材の育成を目的とした「サイバー・スレット・インテリジェンス」(以下、CTI)アカデミーを10月10日に開設することを発表した。この講座では、サーフェスウェブやダークウェブのソースから得られる情報を活用し、インテリジェンスに加工したうえで適切な意思決定を支援するためのプロセスを確立する。

CTIとは、サイバー攻撃の脅威情報から重要な洞察を継続的に収集し、その信頼性の観点から洗練されたアナリスト集団により検証され、厳密かつ諜報ノウハウをベースに分析される情報。すべてのインテリジェンスと同様に、サイバー・スレット・インテリジェンスはサイバー脅威情報に付加価値を提供し、具体的な脅威をプロアクティブに特定することを支援する。

CTIトレーニングのコースは、オープンコース(3時間)、オンサイト1日コース、オンサイト2日コースの3つとなっている。
 

関連リンク

プレスリリース(PDF)