SecurityInsight | セキュリティインサイト

凸版印刷、IoT機器のサイバー防衛に有効な、共通鍵暗号方式の仕組みを用いたセキュリティサービスを提供開始

凸版印刷は10月10日、生活家電や計測器、農業用センサーなどのIoT機器のICチップにセキュア情報を書き込むことで高い安全性を実現する共通鍵暗号方式の仕組みを用いたセキュリティサービスを10月下旬から提供開始することを発表した。

このサービスは、IoT機器に堅牢なセキュリティ環境を施すことで、データの盗難や改竄、乗っ取りを防止できるサービスとなっている。具体的には、IoT機器に内蔵されたICチップにセキュア情報を書き込み、IoT機器のデータを暗号化。このデータはサービス事業者に対して発行する秘密鍵がなければ復元することができないため、IoT機器自体を強固なセキュリティで保護できる。

今回、暗号化と復号に同一の鍵を用いる「共通鍵暗号方式」でセキュリティ性の高い認証が可能な専用の認証プラットフォームを採用。これにより、従来一般的に用いられてきた、暗号化と復号に異なる鍵を用いる「公開鍵暗号方式」と比較してデータが小容量で済むため、従来ネットワーク接続を想定していなかったICチップのデータ容量が少ない機器にも導入できるとしている。

■このサービスの特徴
・共通鍵暗号方式で高い安全性を実現
共通鍵暗号方式を独自の認証プラットフォームを用いることにより、高い安全性を実現。

・IoT機器の既存ICチップにもセキュリティ機能の搭載が可能
共通鍵暗号方式を用いることでデータが小容量で済むため、IoT機器の既存ICチップにセキュリティソフトウェアを追加搭載することによるセキュリティ機能を実装が可能。

・IoT機器への遠隔登録・変更が可能
暗号鍵の生成・登録はネットワークを通じて行なえるため、すでに設置済みのIoT機器に対しても導入できる。
 

関連リンク

プレスリリース