SecurityInsight | セキュリティインサイト

パナソニック、サイバー攻撃に対抗するオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発

パナソニックは10月10日、同社のオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社が、自動運転・コネクティッドカーに対するサイバーセキュリティ対策を実現するオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発したことを発表した。

このシステムを適用することで、インターネットに接続されたコネクティッドカーに対するサイバー攻撃をリアルタイムに検知すると共に、検知したサイバー攻撃を防御することが可能となる。また、自動車はライフサイクルの長い商品であり、出荷時に想定していた攻撃よりも進化した攻撃にさらされる可能性があるが、このシステムを適用することで、進化した攻撃の情報をクラウド側で収集すると共に、対策した新しいルールを自動車に配布・更新することで進化した攻撃も検知できるようになる。

■この開発システムの特徴
・攻撃の初期段階であるインターネットからの侵入、さらに第二段階である車載ネットワークへの侵入を検知できる。
・車載ネットワークとして、広く普及しているCANに加えて、今後の普及が見込まれるEthernetにも対応しており、車両全体の侵入を網羅的に検知することが可能。
・複数の車載機からの情報をクラウドに集約することで、攻撃がセキュリティの脅威として顕在化する前に検知が可能。
 

関連リンク

プレスリリース