SecurityInsight | セキュリティインサイト

シマンテック、ディセプションやモバイル脅威防御、EDRを単一エンドポイントのセキュリティエージェントアーキテクチャで提供するエンドポイントソリューションを発表

シマンテックは11月7日、ディセプションやモバイル脅威防御、EDRを単一エンドポイントのセキュリティエージェントアーキテクチャで提供するエンドポイントソリューション「Endpoint Security for the Cloud Generation」を発表した。

このソリューションは、高度な機械学習、ディセプション技術、モバイル脅威防御、エンドポイントにおける検出および対応(EDR)、要塞化、集中保護を組み合わせたもの。シマンテックのSymantec Endpoint Protection(SEP)プラットフォーム上に構築されたこのソリューションは、単一エージェントで、環境の簡素化と最適化、コストの削減、セキュリティの向上を実現することで、クラウド世代の課題に対応できるようにするソリューションとなっている。

SEPは以下のような複数の新機能で強化されている。

・大規模なディセプションの導入:
ディセプション技術は、攻撃者をだまして企業への不正侵入が成功したと信じ込ませるが、実際には攻撃者は偽の環境に追いやられており、偽のアセットや情報が差し出される。実質的には攻撃者が無駄骨を折る間にセキュリティ部門が攻撃を中和する。この機能はSEP 14.1の一部として提供される。

・SEP Mobileによるモバイル脅威防御:
SEP Mobileは、iOSやAndroidをはじめとする現代のモバイルOS全体にわたって、企業がBYODと会社所有のデバイスの両方を保護できるようにする、包括的かつ実績ある効果的なモバイル脅威防御を提供する。

・エンドポイントにおける検出および対応(EDR):
EDRを大規模に強化したAdvanced Threat Protection 3.0をSEP 14と統合。さらに、数分で導入可能で、サイバー攻撃に対する企業のセキュリティへの取り組みを強化するクラウドベースのサービスであるSymantec Endpoint Detection and Response Cloudによって保護を強化する。事前に構築されたインシデント対応マニュアルで研究員の生産性を向上させ、経験豊かなセキュリティアナリストのスキルとベストプラクティスが企業にもたらされ、コスト削減を可能にする。

・シグネチャレスの保護:
SEP 14.1は、高度な機械学習技術と挙動分析を採用し、顧客の環境で最適化できる徹底的な保護を可能にする。この技術によってSEP 14は、世界中のエンドポイントにわたり10億件を超える感染を試みたWannaCryをプロアクティブにブロックしている。

・Symantec Endpoint Protection with Hardening:
SEPの要塞化は、ゼロデイ攻撃をはじめとする脆弱性の悪用を防御し、よく利用されているアプリケーションを狙った疑わしい活動や悪意のある活動を遮断して隔離することで攻撃者からの被害を最小化する。
 

関連リンク

プレスリリース