SecurityInsight | セキュリティインサイト

マカフィーとラック、アマゾン ウェブ サービス利用企業向けセキュリティ対策で協業

マカフィーとラックは11月9日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のユーザー向けに、マカフィーが日本市場向けに提供するクラウド向け次世代IPS(侵入検知システム)と、ラックが提供するセキュリティ監視センター「JSOC」が技術連携したセキュリティソリューション「MSS for McAfee Network Security Platform」で新たに協業し、来年2月下旬に提供開始の予定だと発表した。

両社はこの協業により、次の内容に取り組んでいくとしている。
・マカフィーより、McAfee vNSPならびに技術的サポートをラックに提供
・ラックより、高いセキュリティ要件を求めるAWS利用企業向けにMcAfee vNSPを活用したマネージドセキュリティサービスを提供
・両社より、AWS利用企業向けにセキュリティ構築・運用に関するコンサルティングサービスを提供
・AWSの協力のもと、両社が主催したパートナー/ユーザー向けセミナーの開催
 

関連リンク

プレスリリース