SecurityInsight | セキュリティインサイト

デジタルハーツ、エフセキュアとセキュリティ分野における協業に合意

デジタルハーツは11月10日、エフセキュアとセキュリティ分野における協業に合意したことを発表した。この協業により、エフセキュアのセキュリティ製品にデジタルハーツの人材を効果的に組み合わせることで、デジタルハーツのセキュリティ分野でのシステムテスト事業およびその他関連事業を強化・拡大していくという。

デジタルハーツは、同社の人材とエフセキュアの製品を効果的に組み合わせて、顧客企業にセキュリティソリューションサービスを提供。エフセキュアは、同社が開発・販売しているセキュリティ製品のライセンス提供およびテクニカルサポートをデジタルハーツに提供する。

今回の協業の取り組みの第1弾として、内部脆弱性診断に強みを有する「F-Secure Radar」を活用した脆弱性診断サービスの提供を開始することを決定している。

「F-Secure Radar」は、高度な技術と脆弱性管理に関するセキュリティ専門家の知見を組み合わせたソリューションで、組織の脆弱な資産を識別し、各ネットワークコンポーネントの潜在的な脆弱性をスキャンすることで、攻撃対象領域を極小化することによりリスクを低減することが可能となる。

このサービスは、ネットワークインフラやアプリケーション開発に知見を持ち、システムの脆弱性をトータルで管理できるようなセキュリティ人員が不足している会社や脆弱性を効果的に管理するための時間を割くことができない会社に対して、エフセキュアのパートナーであるデジタルハーツが支援を行なうもので、顧客企業の社内ネットワークの各レイヤーにおけるセキュリティの向上及び脆弱性管理に対する知見やセキュリティ人員の不足の解消に貢献できるサービスとなっている。
 

関連リンク

プレスリリース(PDF)