SecurityInsight | セキュリティインサイト

三井物産セキュアディレクション、Microsoft Azure環境のセキュリティ対策としてAlert Logicを利用したセキュリティ監視サービスを提供開始

三井物産セキュアディレクションは11月20日、マイクロソフトが提供するクラウドコンピューティングプラットフォームMicrosoft Azure環境のセキュリティ対策の強化に向け、「クラウドセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」の提供開始を発表した。

「クラウドセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」は、迅速にセキュリティインシデントの発見~解析まで行なうために限りなく自動化した新しいコンセプトのサービス。ユーザー環境に設置する情報収集センサーから独自の脅威情報を集約したビッグデータ解析、さらにより詳細な解析を行なうセキュリティアナリストによる24時間365日の有人解析をすべて一貫して提供することで、ユーザーの導入負荷・運用負荷を限りなく抑えた形でセキュリティ対策が実装可能となっている。

また、情報収集センサーをオンプレミス・クラウド双方の環境に設置することで、ハイブリッドクラウド環境をシームレスに監視することが可能に。既存のオンプレミス環境からクラウドへの移行を検討中、またはMicrosoft Azure Stackを活用しオンプレミス・クラウド双方をダイナミックに活用しているユーザーは、より柔軟な形でこのサービスを利用できるとしている。
 

関連リンク

プレスリリース