SecurityInsight | セキュリティインサイト

チエル、学校情報セキュリティに最適なファイル自動暗号化ソリューションを販売開始

チエルは11月22日、SHIELDEXが提供するファイル自動暗号化ソリューション「SHIELDEX EnCrypto」を12月7日に販売開始することを発表した。このサービスは、文部科学省が公表した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に応じた製品として、ファイル自動暗号化及び復号化をはじめ、ファイル利用の権限制限・管理などの機能によって、教職員の業務負担を軽減し、安全・安心な校務文書の運用を支援するものとなっている。

「SHIELDEX EnCrypto」は、ローカルディスクやファイルサーバーに格納されたMicrosoft OfficeやPDFなど、作成したファイルの保存時に自動暗号化、開くときには自動復号化される。さらに、暗号化されたファイルの拡張子は変わらないため、利用者は特別に暗号化を意識することなく操作することが可能。

管理者は、アクセス権限に基づいた保護ルールによって閲覧、透かし印刷、編集、解除(復号化)、有効期限、自動削除などの細かい利用権限を設定することができる。さらに、暗号化ファイルを「いつ」「誰が」「どのような」アクセスを行なったかの操作履歴や開封履歴も確認できることから、利用状況の的確な管理・把握が可能となり、強固な情報漏洩対策ができる。

■「SHIELDEX EnCrypto」の特徴
1.学校での運用に合ったファイル自動暗号化ソフトウェア
Microsoft Office、PDF、一太郎文書、イメージなどを保存した瞬間に自動暗号化、開くときに自動復号化ができる。特定のフォルダーを監視し、暗号化対象のフォルダーに移動したファイルを自動暗号化することもできる。拡張子が変わらず、アイコンに鍵マークがつくだけのため、学校では暗号化されていることを気にせずに利用できる。

2.ファイルの利用権限の制御機能
暗号化するファイルには、閲覧、透かし印刷、編集、解除(復号化)、ファイルの有効期間、ファイルの自動破棄などの様々な権限をユーザー/グループごとに制御できる。例えば、閲覧後に自動削除される「自動削除ファイル」を作成したり、印刷が必要な機密ファイルに印刷の透かしを設定するなどの、情報漏洩対策を図ることができる。

3.ファイル利用ログの管理
暗号化ファイルの生成、閲覧、編集、印刷、持ち出し、復号化などを、「いつ」「誰が」「どのような」アクセスを行なったかの操作履歴や開封履歴も確認できることから、不正に持ち出された重要なファイルの利用状況もしっかり管理・把握できる。
 

関連リンク

プレスリリース