SecurityInsight | セキュリティインサイト

アイビーシー、ブロックチェーン技術を利用したIoTデバイス向けセキュリティサービスの実証実験を開始

アイビーシー(以下、IBC)は12月5日、ブロックチェーン技術を利用した電子認証システムとデバイスプロビジョニングシステムにて構成される、IoTデバイス向けセキュリティサービス「kusabi」(楔)の実証実験を開始したことを発表した。

「kusabi」は、ブロックチェーン技術による電子証明システムと、独自のデバイスプロビジョニング技術により、ソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現するサービスとなっている。

「kusabi」モデルでは、日本IBMのコンサルティング・サービスであるIBM Cloud Garage for Blockchainを通じて、先進のソフトウェア技術を活用し、IoTデバイス向けセキュリティの課題を解決することで、ハードウェア依存モデルからの脱却を目指す。そして、革新的なソフトウェア技術を所有するビジネスプレイヤーによるエコシステムを形成することで、3つの不要(専用チップが不要、認証局が不要、マルウェア対策が不要)の実現を推進する。

1.専用チップが不要:kusabiのデバイスプロビジョニングシステムで実現
2.認証局が不要:kusabiの電子証明システムで実現
3.マルウェア対策が不要:kusabiのホワイトリスト方式にて実現(予定)
 

関連リンク

プレスリリース