SecurityInsight | セキュリティインサイト

CDNetworks、ボットによるサイバー攻撃を未然に検知して防ぐ「クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ」を提供開始

シーディーネットワークス・ジャパン(以下、CDNetworks)は12月6日、近年急増するボットによるサイバー攻撃を未然に検知して防ぐことのできるクラウドベースのボット攻撃防御対策「クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ」を提供開始することを発表した。

CDNetworksは、すでにDDoS攻撃防御対策「クラウド・セキュリティDDoS」やウェブ脆弱性対策「クラウド・セキュリティWAF」を提供しているが、「クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ」の提供により、未知の攻撃(ゼロデイ)にも対応し、ボットからの攻撃を未然に防ぐ。

CDNetworksのボットマネージャーは、グローバルなCDNプラットフォーム内に統合されており、24時間365日稼働する監視ソリューションによりユーザーのウェブサイトやウェブアプリケーションを悪性ボットから保護している。さらに、検索エンジンなどの良性ボットからのアクセスを見分けるためのボットフィルタリング機能も備わっている。また、ボットマネージャーは、ユーザーが現在運用中のWAFアプライアンスとのハイブリッドソリューションとしても利用することができる。

■「クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ」の主な特徴、機能
・悪性ボットを検知・ブロックし、良性ボットを許可する
・柔軟性の高いポリシー設定対応
・トラフィック軽減によるウェブサーバー環境のコスト効率化
・ボットマネージャー専用のプラットフォームを世界中に分散配置
・CDNプラットフォームとの統合による高パフォーマンスと可用性の保持
・24時間365日、セキュリティ専門エンジニアが監視・サポート
・攻撃ログ参照、統計情報の参照とエクスポート、アラート機能などを提供する便利な管理ツール
 

関連リンク

プレスリリース