SecurityInsight | セキュリティインサイト

キヤノンITS、「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の新バージョンを販売開始

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は12月6日、「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の新バージョンを12月7日から販売開始することを発表した。新バージョンでは、多様で幅広いサポートを提供する新ラインアップ「まるごと安心パック」を追加した。

今回販売開始される「ESET ファミリー セキュリティ まるごと安心パック」と「ESET パーソナル セキュリティ まるごと安心パック」は、ウイルス対策ソフトだけではなく、その周辺環境も含めて包括的なサポートを提供する。

製品の最大の特徴は「他社ソフトサポート」。メールソフトやMicrosoft Officeなどの他社ソフトウェアのインストール方法・利用方法などについての問い合わせにも対応するため、「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」と問い合わせ窓口を一本化することで、迅速な問題解決を支援。さらに、問い合わせ方法として「電話/メールサポート」の他、「リモートサポート」や「チャットサポート」を提供する。これにより、状況や好みに合わせて問い合わせ方法を選ぶことが可能になる。

また新バージョン(V11)では、家庭内のマルウェア感染リスクに対応していくため、従来から搭載されている「ホームネットワーク保護」をさらに強化。家庭内ネットワークに接続されている端末一覧の表示やWi-Fiルーターの検査に加え、プリンターなどのWi-Fiルーター以外の接続端末への検査も可能になり、ネットワーク全体で脆弱性の有無を確認できるようになった。また、ルーターやプリンターなどで使用されているポートやサービスの確認も可能で、不審な通信の発見に役立てることができる。

さらに、パソコンのBIOSに代わるファームウェアであるUEFIの検査を行なう「UEFIスキャナー」や、実行中のプログラムのふるまいを監視する「ふるまい監視」も新たに搭載している。
 

関連リンク

プレスリリース