SecurityInsight | セキュリティインサイト

デジタルアーツ、金融機関や大手企業等を装う偽装メールをブロックする企業・官公庁向けメールセキュリティソフトを発売

デジタルアーツは12月6日、金融機関や大手企業等を装う偽装メールをリアルタイムで判定し、ブロックする機能を搭載した企業・官公庁向けメールセキュリティソフト「m-FILTER」Ver.5.01を提供開始することを発表した。

昨年後半に大手企業を装ったバンキングマルウェアが確認され、今年の夏頃からは大手金融機関を装った偽装メールも多く確認されるようになった。これらの金融機関や大手企業等を装った偽装メールは、ウイルスチェックやサンドボックスでは対策が難しいと言われている。「m-FILTER」Ver.5.01では、ある特定のパターン(作り方)をしている偽装メールを受信した際にリアルタイムに判定するロジックを新機能として搭載した。

同社で入手した既存の偽装メールの検体で検証した結果、「m-FILTER」Ver.5.01では、100%ブロックをしたことを確認。さらに、この機能を利用すれば、同様のパターン(作り方)での攻撃は、未知のメールであっても100%ブロックすることができるとしている。
 

関連リンク

プレスリリース