SecurityInsight | セキュリティインサイト

日本セキュリティ監査協会「2018年 情報セキュリティ十大トレンド」を発表

日本セキュリティ監査協会は1月5日、情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年度の情報セキュリティ十大トレンドをとりまとめ、公表した。このトレンド調査は、協会の公認情報セキュリティ監査人資格認定制度により認定を受けた情報セキュリティ監査人約1,500人を対象としたアンケートにより選ばれたものとなっている。

ランク 項目(ポイント)
1.多様化・巧妙化するランサムウェアの被害拡大(285)
2.最新の対策もすり抜ける標的型攻撃による甚大な被害の発生(170)
3.セキュリティ機能が乏しいIoT製品への攻撃による社会的混乱(160)
4.クラウドなど集中管理による社会的規模の被害発生(100)
5.考慮不足の働き方改革に起因する事故の発生(76)
6.日本語ビジネスメール詐欺被害の拡大(58)
7.バナンス欠如のIT投資による重大インシデントの発生(49)
8.成長しないマネジメントシステムによる組織活力の低下(45)
9.形だけCSIRT/名ばかりセキュリティ人材による弊害の発生(39)
10.GDPR違反の摘発(36)
 

関連リンク

プレスリリース