SecurityInsight | セキュリティインサイト

ウォッチガード、中小企業/分散拠点向けにテーブルトップ型セキュリティアプライアンスの新モデルを発表

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは1月10日、セキュリティアプライアンス「Firebox T Series」の3つの新モデルであるT15、T35、T55を発表した。各モデルはそれぞれ旧モデルT10、T30、T50の後継モデルになる。

T35では、現行のT30と比較し、UTMパフォーマンスは2倍。T55では、現行のT50と比較し、UTMパフォーマンスは、3.1倍という大幅なスループットの向上を実現。中小企業やホームオフィス、または分散拠点を対象に、高速インターネットおよび高度なエンタープライズグレードのセキュリティ対策を提供するとしている。

■「Firebox T Series」の主な特徴
・パフォーマンスを大幅に向上:
スループットが全般的に向上しており、他社の同レベルのモデルと比較して最高レベルのスピードでのセキュリティインスペクションを実現。また、ネットワークスループットへの影響を最小限に抑えつつ、多種多様な複合型マルウェアに対する保護機能を提供する。

・802.11ac対応:
T35およびT55は内蔵無線LAN機能を備え、802.11acに対応し、無線LANトラフィックのインスペクションを最適なパフォーマンスで実施することができる。

・PoE(Power Over Ethernet):
T35およびT55はPoE Plusポートを備えており、監視カメラや無線LANアクセスポイントなどの周辺機器に給電が可能なため、ネットワークを容易に拡張する事が可能。
 

関連リンク

プレスリリース