SecurityInsight | セキュリティインサイト

PFU、サイバー攻撃対策製品「iNetSec MP 2040」の機能を強化

PFUは2月6日、サイバー攻撃検知・SOC運用効率化アプライアンス「iNetSec MP 2040」の機能を強化し、販売開始することを発表した。

新たに脅威インテリジェンスを活用することで、脅威情報を把握することを可能にした。これにより、攻撃プロセスを時系列で見える化することで従来のセキュリティ対策をすり抜ける既知/未知のサイバー攻撃双方をリアルタイムに検知すると共に、既知の脅威に関しては、マルウェアが外部に通信を開始した初期の段階で迅速に対応することができるため、SOC運用のさらなる効率化が図れるとしている。

■機能強化の概要
1.脅威インテリジェンスを活用
通信先のリスクの見える化は「iNetSec MP 2040」が通信先の脅威情報をレピュテーションサーバーに問い合せすることにより実現されている。使用する脅威インテリジェンスはインターネットをスキャンし、常時分類とスコアリングを行なっており、6億以上のドメイン、270億以上のURL情報を保持している。

2.さらなる見える化でSOC運用を効率化
「iNetSec MP 2040」は攻撃プロセスの見える化を特徴にしており、攻撃者がどのような攻撃行動を実行したかを見える化することが可能。今回さらに通信先のリスクが見える化されることにより、見つけた後の対処をより的確に実施することが可能となる。また、通信先のリスクの判定は攻撃行動の初期段階で実施されるため、特に既知の脅威に対し、より早期の対処が可能となる。
 

関連リンク

プレスリリース