SecurityInsight | セキュリティインサイト

ソフトバンク・テクノロジー、エンドポイントのセキュリティシステムを24時間365日監視して対策を行なうサービスを開始

ソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)は2月8日、サイバーリーズン・ジャパンが提供するエンドポイント型サイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」を用いた、エンドポイントのセキュリティシステムを24時間365日監視・運用して対策を行なうサービス「MSS for EDR」の提供を開始することを発表した。

「MSS for EDR」は、ユーザーの代わりにSBTのセキュリティ専門家が24時間365日、Cybereasonが検知した問題のあるアラートの適切な処理や感染端末の特定、不審なプロセスの停止処理、攻撃対策の立案などを行なう。またCybereasonでの検知に限らず、ユーザーからの申告や他のセキュリティシステムで検出したアラートをもとに調査や対応を行なう。
 

関連リンク

プレスリリース