SecurityInsight | セキュリティインサイト

チェック・ポイント、第5世代のセキュリティ管理を実現するアプライアンス製品の新機種を発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(以下、チェック・ポイント)は2月9日、セキュリティ管理アプライアンス「Smart-1」の新製品3機種を発表した。新しいアプライアンスは、一元的なポリシー管理と高度なログ分析や脅威分析に基づきリアルタイムで実施される全社的なセキュリティの監視と制御で、第5世代のサイバー脅威対策を実現するとしている。

「Smart-1」の新機種は、最大48TBの管理用ストレージ、1秒あたり最大10万件のログを処理する性能、および旧モデル比で最大8倍のパフォーマンス向上により、ネットワーク、クラウド、モバイルのあらゆる環境において、第5世代のサイバー攻撃を阻止する。

新機種「Smart-1 525」「Smart-1 5050」「Smart-1 5150」の導入により、IT部門で単一のコンソールから包括的にセキュリティを管理し、数千台のネットワーク・デバイスから集めた大量の新規データや過去データを相関分析、保存、解析することができる。これにより、セキュリティ管理のプロセスの効率化と高速化が進み、横行する第5世代のサイバー攻撃に対する組織のセキュリティも強化される。
 

関連リンク

プレスリリース