SecurityInsight | セキュリティインサイト

ネットワンシステムズ、クラウドからの情報漏洩を防止するセキュリティサービスを提供開始

ネットワンシステムズは4月6日、クラウドからの情報漏洩を防止するセキュリティサービス「CASBサービス for Sanctioned IT」を販売開始することを発表した。

「CASBサービス for Sanctioned IT」は、企業が利用を許可しているクラウド(Sanctioned IT)において、利用者の不審な行動を検知するとともに、セキュリティポリシーに応じて機密データを保護(削除/共有制限/暗号化等)することによって、情報漏洩のリスクを低減するもの。これによって導入企業は、安心してクラウド活用を推進することが可能となる。

このサービスは、まずOffice 365を対象として開始し、その後、順次Amazon Web Services / Google Drive / Box / Dropbox / Salesforce / ServiceNow / Slack等へ拡張する予定。導入企業は、これら異なるクラウドを利用する場合でも、同一のセキュリティポリシーを適用可能。

■「CASBサービス for Sanctioned IT」の詳細
・可視化機能
利用者・管理者の詳細な行動履歴を収集し、一元的かつドリルダウン可能な管理画面で可視化。その他、データの外部共有先やログイン元の地理情報も直感的に把握可能。

・脅威防御機能
利用者・管理者の行動を分析し、情報漏洩につながる不審な行動を検知。例:大量のデータダウンロード/外部共有、複数回のログイン試行/失敗、大量の利用者登録/削除

・コンプライアンス機能
機密情報を含むデータを検知し、アップロードの防止や、アップロード済みデータの隔離・削除によって、クラウド上への保管を防ぐ。また、データの外部共有において、権限変更や共有リンクの切断が可能で、機密情報が外部へ流出することを防止する。

・データセキュリティ機能
機密情報を含むデータをアップロードする際に、自動的に暗号化。また、データに対するアクセス権限(閲覧のみ/ダウンロード可能等)を、IPアドレス/クライアント証明書/モバイルデバイス管理(MDM)の有無などの状況によって制御する。
 

関連リンク

プレスリリース