SecurityInsight | セキュリティインサイト

トレンドマイクロ、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料ツール「オンラインスキャン for Home Network」に新機能を追加

トレンドマイクロは4月10日、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料ツール「オンラインスキャン for Home Network」にスマート家電の脆弱性有無を診断する機能を追加した新バージョンを提供開始することを発表した。

このツールは「脆弱性診断機能」「コネクテッドデバイス可視化機能」「デバイス設定の診断機能」の3つの機能を提供。この3つの機能を利用することにより、利用者はスマート家電に存在する脆弱性の有無、家庭内ネットワークにつながる見覚えのないデバイスの有無、ルーターやWebカメラなどのデバイス設定の安全度を確認することができる。

今回新たに追加した「脆弱性診断機能」は、ルーターやWebカメラを遠隔操作する脆弱性、LinuxなどUNIXベースのOSで広く使われているシェルBashを悪用する脆弱性「Shellshock」、ランサムウェア「WannaCry」が感染拡大に利用する「SMB1.0」などの脆弱性の有無を診断する。また、「Mirai」や「BrickerBot」が悪用するポートが開放されていないかを診断する。これらの機能を利用することで、ユーザーは家庭内のスマート家電にサイバー攻撃を受けるリスクがないかを可視化し、修正プログラムの適用や設定の変更など必要な対策を講じることができる。

■「オンラインスキャン for Home Network」の機能一覧
・脆弱性診断機能<新機能>
ルーターやWebカメラを遠隔操作する脆弱性、LinuxなどUNIXベースのOSで広く使われているシェルBashを悪用する脆弱性「Shellshock」、ランサムウェア「WannaCry」が感染拡大に利用する「SMB1.0」などの脆弱性の有無を診断。「Mirai」や「BrickerBot」が悪用するポートが開放されていないかを診断し、適切な設定を支援する。

・コネクテッドデバイス可視化機能
家庭内のネットワークに接続されているデバイスを可視化することで、身に覚えのないデバイスがネットワークに繋がっていないかを確認できる。

・デバイス設定の診断機能
ルーター、Webカメラ、NASにアクセスするための管理ID/パスワードが簡易なものに設定されていないかを診断。またWi-Fiの設定を診断し、暗号化なし、WEPなどセキュリティ強度が弱い場合は、変更を促す。
 

関連リンク

プレスリリース