SecurityInsight | セキュリティインサイト

HCNET、AIを活用したセキュリティ監視と分析をリアルタイムで提供するサービス開始

エイチ・シー・ネットワークス(HCNET)は4月12日、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を構築し、セキュリティ監視・分析サービスを販売することを発表した。

これは、ユーザー環境のさまざまなログを収集し、リアルタイムで可視化、分析を行ない、検出したインシデントの脅威を通知して、その対処やアドバイスを行なうセキュリティサービスとなっている。

このサービスでは、IBM QRadarを活用することで、IT基盤上にある、ファイアウォールやIDS/IPSなどのセキュリティ機器から、ネットワーク、サーバー、アプリケーションにいたるまで、さまざまな機器から来る大量のログをリアルタイムで監視・相関分析し、検出されたインシデントの脅威を特定する。

このサービスはIBM QRadar Advisor with Watsonを利用することができ、Watsonのコグニティブ技術を活用してさらなる洞察や状況理解を深めてサイバーセキュリティの研究を強化し、セキュリティ・アナリストがより迅速かつ正確に対応できるようになるとしている。

 

関連リンク

プレスリリース