SecurityInsight | セキュリティインサイト

レノボ・ジャパン、東京海上日動と協業してテレワーク保険付帯ThinkPad「あんしんテレワークPC」を商品化

レノボ・ジャパンは4月13日、ビジネス向けノートPCの主力モデルであるThinkPadシリーズの一部に、テレワーク時のPCの紛失、情報漏洩などのトラブルに対応するテレワーク保険(正式名称「特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険」)を付帯し、ThinkPadを「あんしんテレワークPC」として商品化することを発表した。

テレワーク保険付帯ThinkPadは、ThinkPad X1 Carbon、ThinkPad X1 Yoga、ThinkPad X1 Tablet、ThinkPad X280、ThinkPad X380 Yoga、ThinkPad T480sのLTE搭載の6モデルで用意され、東京海上日動の保険が付帯されることにより、社員が外出時等にPCを紛失し、情報漏洩した際の損害賠償金や各種対応費用を補償する。対象モデルを購入すれば自動的に補償が付帯されるため、保険会社との契約手続きは不要。4月17日より受注を開始し、同社のThinkPad取り扱い販売パートナーを通じて購入できる。

■テレワーク保険の詳細
会社から貸与されるモバイルPCの利用時の情報漏洩に起因する各種損害に対し、モバイルPCの購入企業が負担した損害賠償金や原因調査費用等を補償。例えば、モバイルPCのウイルス感染時の調査費用や、PCの紛失により情報漏洩した際の損害賠償金や被害者への見舞金等の対応費用を補償する。
 

関連リンク

プレスリリース