SecurityInsight | セキュリティインサイト

警察庁、インターネット定点観測による3月期の観測資料を発表

警察庁は4月20日、@インターネットにおいて、インターネット定点観測による3月期の観測資料を発表した。その概要は以下のとおり。

3月期にインターネットとの接続点に設置したセンサーにおいて検知したアクセス件数は、1日・1IPアドレス当たり1,981.1件で、2月期(以下、前期)と比較して101.8件(4.9%)減少した。

また、発信元IPアドレス数は1日当たり50,729.9個で、前期と比較して3,731.7個(7.9%)増加。不正侵入等の行為のシグネチャを用いた検知件数は、1日・1IPアドレス当たり945.8件で、前期と比較して26.4件(2.7%)減少した。また、発信元IPアドレス数は、1日当たり3,112.4個で、前期と比較して1,666.7個(115.3%)増加した。

DoS攻撃被害検知件数は1日当たり18,746.2件で、前期と比較して9,247.1件(97.3%)増加。また発信元IPアドレス数は1日当たり391.8個で、前期と比較して56.2個(16.7%)増加した。
 

関連リンク

プレスリリース(PDF)