SecurityInsight | セキュリティインサイト

AIT、FFRIのマルウェア自動解析システム「FFRI yarai analyzer」のRPA連携ソリューションをリリース

AITは5月7日、FFRIのマルウェア自動解析システム「FFRI yarai analyzer」のRPA連携ソリューションをリリースしたことを発表した。

「FFRI yarai analyzer」は、マルウェアと疑わしきファイルを任意の検査フォルダに置くだけで自動的に解析が実行され、解析結果レポートを出力する。ユーザーマルウェア解析のための専門知識を必要とせず、簡単・迅速にマルウェアの危険性や影響を把握できるため、外部ベンダーに依存しない自己完結型のインシデントレスポンス体制の強化が可能。

また、標的型攻撃対策製品「FFRI yarai」のプログレッシブ・ヒューリスティック技術を用いた検知エンジンを搭載しており、未知マルウェアや 0-day 脆弱性攻撃を高精度で検出する。

今回リリースするRPAオプションでは、いつでも自由に検査したいファイルを最大10検体まで自己ディレクトリへ格納しておくと、自動的に「FFRI yarai anlayzer」へ検査投入される。また、結果のメール通知や、非同期にいつでもファイル検査と結果を得ることが可能になる。
 

関連リンク

プレスリリース