SecurityInsight | セキュリティインサイト

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、「SHieldMailChecker 誤送信防止」のSMTP接続でのメールセキュリティ機能を強化

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは5月8日、SMTP接続のメール環境向けにメールセキュリティ機能を強化したメール誤送信防止製品「FUJITSU Security Solution SHieldMailChecker誤送信防止」を販売開始することを発表した。

「SHieldMailChecker 誤送信防止」は、メール送信時に送信先アドレスや添付ファイルの再確認を促すことで、うっかりミスによるメールの誤送信を未然に防止。パソコンにインストールするだけで簡単に導入でき、グループウェアのMicrosoft Exchange Server(Microsoft Exchange Online)とSMTP接続の2つのメール環境に対応している。

今回の機能強化は、Exchange Server向けとして提供している「送信確認画面の送信相手の所属部署表示機能」と「添付ファイルの自動暗号化機能」を、SMTP接続のメール環境向けに新たに搭載し、フリーウェアを含む一般のメールソフトを利用するSMTP接続においても、同姓の宛先への誤送信や添付ファイルの暗号化忘れなどによる情報漏洩リスクを軽減する。

また、メールサーバとの通信を暗号化する「SMTP over TLS」と「STARTTLS」に対応し、Microsoft Office 365などの暗号化が必須のメールサービスにおいても「SHieldMailChecker 誤送信防止」でメールセキュリティを強化できる。

■「SHieldMailChecker 誤送信防止」の特徴
・既存サーバー環境のまま、短期間で簡単に導入可能
・共通ポリシーにより、効率的にセキュリティレベルを統制
・「自動学習ホワイトリスト」により、過剰な警告を抑止し、宛先確認のマンネリ化を防止

■SMTP接続でのメールセキュリティ機能強化内容
1.送信確認画面に送信相手の所属部署を表示
・送信確認画面には、送信相手の氏名や会社名、メールアドレスが表示されるが、組織内の送信相手については、それらに加えて所属部署も表示されるため、多くの企業で課題となっている間違えやすい同姓の宛先への誤送信防止に役立つ。

・ディレクトリサービス(Active DirectoryやLDAP)との連携により自動で所属情報が引き継がれるため、人事異動で所属が変わった場合も「SHieldMailChecker 誤送信防止」側でのメンテナンスは不要。

2.添付ファイルを自動でZIP暗号化
・添付ファイルを自動でZIP暗号化し、パスワード付きZIP圧縮ファイル形式に一括変換することで、情報漏洩対策を強化。

・パスワード通知については、差出人のみにメールで伝える機能と、差出人と全ての受信者に自動で伝える機能の2パターンから選択することができる。前者の場合、差出人が別の手段で受信者へパスワードを伝えるため、よりセキュリティを強固にする。

・添付ファイルはクライアントでZIP暗号化されるため、専用のサーバーは不要。

3.暗号化接続が必須のメールサービスに対応
・経路上の通信を暗号化してメール内容や認証情報の盗聴を防ぐ「SMTPS」と「STARTTLS」に対応し、Office 365など暗号化接続が必須のメールサービスにおいても「SHieldMailChecker 誤送信防止」を活用できる。

 

関連リンク

プレスリリース