SecurityInsight | セキュリティインサイト

IIJグローバル、企業のグローバル展開を支える次世代型セキュリティクラウドサービス「Cato Cloud」の提供を開始

IIJグローバルソリューションズ(以下、IIJグローバル)は5月22日、グローバルに展開する日系企業を対象に、拠点間を結ぶVPN機能、最新のセキュリティ機能、およびセキュアなリモートアクセス環境をクラウドで提供する「Cato Cloud」を、イスラエルCato Networks社および日本総代理店のマクニカネットワークスと提携し、9月4日から提供開始することを発表した。

「Cato Cloud」は、イスラエルに本社を置くCato社が提供する次世代型セキュリティクラウドサービスで、Cato社がユーザー拠点ごとに提供するサービスアダプタ「Cato Socket」経由、またはCato社の「Client Application」をインストールしたデバイスから、世界約40か所に渡って展開するPoP(Point of Presence)に自動的に接続することで、各種クラウド基盤や各拠点間のVPNおよび安全なインターネットアクセスが行なえる。

その他、次世代型ファイアウォールやアンチマルウェア、IPS機能も備えている。各機能や利用状況はグラフィカルな管理者画面から一元的に管理でき、インフラの運用における負荷やコストを軽減する。

■「Cato Cloud」の特徴
・グローバルに高い利便性を提供
Cato社が世界約40か所にPoPを展開しており、ユーザーは最寄りのPoPからサービスを利用することが可能。また、Cato Cloudは99.999%の稼働を保証する可用性の高いクラウド基盤であり、PoPの稼働状況も常に公開されている。

・拠点ごとのUTM機器等のアプライアンス設置が不要
次世代ファイアウォール、Secure Web Gateway等の各種セキュリティ機能は、Cato Cloudにより提供されるため、各拠点ごとのアプライアンスの設置が不要となり、機器購入コスト、保守費用などの運用コストが大幅に削減される。

・セキュアなリモートアクセス環境が簡易に利用可能
Windows OS、iOS、Androidの各デバイスのClient Applicationが、最寄りのPoPを自動選択してCato Cloudに接続。VPN接続された社内データセンターやクラウドサービスへの安全なアクセスが実現できる。
 

関連リンク

プレスリリース