SecurityInsight | セキュリティインサイト

あいおいニッセイ同和損害保険とセールスパートナー社、サイバーセキュリティ保険をセットしたデータ復旧サービス「あんしんリカバリー」の提供を開始

あいおいニッセイ同和損害保険とセールスパートナー社は5月29日、セールスパートナーの中小企業向けデータ復旧サービスに、あいおいニッセイ同和損保の「サイバーセキュリティ保険」を自動付帯した「あんしんリカバリー」の提供を開始したことを発表した。

セールスパートナー社はセキュリティ対策として中小企業を中心に導入が進んでいるUTMの残余リスク低減のため、PC、外付けHDD、モバイル端末等を対象に、年間10回まで無料でデータの復旧を行なう「データ復旧サービス」の推進を強化していく。

あいおいニッセイ同和損保は、「サイバーセキュリティ保険」を積極的に展開しており、2017年9月には商品部門内に「サイバー保険室」を新設するなど、ニーズが急拡大しているサイバーリスクへの体制強化に努めている。

セールスパートナー社は、「あんしんリカバリー」が中小企業向けの総合的なセキュリティ対策に資するものとして、導入企業に対して、よりいっそうの安心を提供するため、あいおいニッセイ同和損保のサイバーセキュリティ保険(賠償支払限度額1億円)を付帯することにしたという。

■「あんしんリカバリー」について
・マルチデバイス対応データ復旧サービス
端末20台、年間10回まで対応のデータ復旧サービス
・サイバーセキュリティ保険(特典)
マルウェア感染による個人情報(電子情報に限る)漏洩に起因する損害賠償金を1億円まで補償
 

関連リンク

プレスリリース(PDF)