SecurityInsight | セキュリティインサイト

IPA、「情報セキュリティ白書2018」を発行

IPA(情報処理推進機構)は7月17日、「情報セキュリティ白書2018」を発行することを発表した。「情報セキュリティ白書」は、企業・組織のシステム管理者をはじめとするセキュリティに関わる人、関心のある人を対象に、情報セキュリティインシデントや攻撃の手口に関する現状、および対策に役立つ情報を提供し、パソコンやスマートフォンを使用する一般の利用者に対しても、身近にある情報セキュリティ上の脅威への認識を促すことを目的に、2008年から発行している。

「情報セキュリティ白書2018」では、情報セキュリティインシデントの具体的事例や攻撃の手口、政策や法整備の状況等を網羅的に取り上げている。また、2017年度に注目されたテーマとして「IoT」「仮想通貨」「スマートフォン」「制御システム」「中小企業」に関する情報セキュリティを掲載している。

「情報セキュリティ白書 2018」の書籍版はネット等で購入可能だが、PDF版はアンケートに回答した人に無償で提供する(7月24日以降を予定)。

■「情報セキュリティ白書2018」の目次
序章 2017年度の情報セキュリティの概況
第1章 情報セキュリティインシデント・脆弱性の現状と対策
 1.1 2017年度に観測されたインシデント状況
 1.2 情報セキュリティインシデント別の状況と事例
 1.3 攻撃・手口の動向と対策
 1.4 情報システムの脆弱性の動向
 1.5 情報セキュリティ対策の状況

第2章 情報セキュリティを支える基盤の動向
 2.1 日本の情報セキュリティ政策の状況
 2.2 情報セキュリティ関連法の整備状況
 2.3 国別・地域別の情報セキュリティ政策の状況
 2.4 情報セキュリティ人材の現状と育成
 2.5 情報セキュリティマネジメント
 2.6 国際標準化活動
 2.7 評価認証制度
 2.8 情報セキュリティの普及啓発活動
 2.9 その他の情報セキュリティの状況

第3章 個別テーマ
3.1 IoTの情報セキュリティ
3.2 仮想通貨の情報セキュリティ
3.3 スマートフォンの情報セキュリティ
3.4 制御システムの情報セキュリティ
3.5 中小企業における情報セキュリティ

付録
情報セキュリティ10大脅威2018・資料・ツール
情報セキュリティ10大脅威2018
資料A 2017年のコンピュータウイルス届出状況
資料B 2017年のコンピュータ不正アクセス届出状況
資料C ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況
 

関連リンク

プレスリリース